もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

入試の思い出 その2

今日で阪神淡路大震災から23年目をむかえました。

何年たってもあのときの思いを忘れることは

できませんが、そろそろ四半世紀、

教訓を生かしながら一歩一歩進んでいきたい

と思っています。

 

先日の入試の思い出を書いていて、

もうひとつの受験について

思い出しました。

それは、高校2年のとき好きだった

1年上のYさんの受験です。

これは以前ブログに書いたかな~

ま、いいや。書いていたらごめんなさい。

12月くらいからそのYさんの合格を祈って

学校の近くの神社へ願掛けに行っていました。

もうそれはそれは純粋なお祈りでした。

あんなに純粋な思いはもうそれから先は

なくて、打算やら駆け引きやら大人の都合に

だんだん染まっていったのでした。

 

そのYさんには卒業前に告白して

「ごめんなさい」されてしまいましたが、

失恋という悲しい思いはなく、それもまた

いい思い出になりました。

その頃の告白って今から考えると大変でしたよ。

ラインはもちろん、メールもない。

電話もイエ電のみで、かけてもたいてい親が出る。

待ち伏せするか、つてを頼って呼び出すしか

ありません。

自分でもようやったな~と思いますが、

その頃はそれしかないので。

 

1年後の自分の受験は、2年間クラブばっかりしていた

ツケでほんまに大変でした。

結果は二勝一敗。

共通一次試験(今のセンター試験)→私立短大A不合格→

私立短大B合格→国立大二次試験合格

高校3年の3学期はほとんど登校することが

ないので、家でずっと「西部警察」を見ていた

覚えがあります。

今更じたばたしてもしゃーないとか言って。

 

ひとつ思い出すと次々に思い出すものですね。

 

f:id:moricchan24:20180117180746p:plain

  (無料イラストより)