もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「恐るべき太陽」を読みました

今週は雨続きでした。冬なのに、なんだか家の中までジメジメな感じです。

今日は久しぶりの晴れ🌞 明日はまた雨なんだけど・・・

せっかくの連休なのに、出かける予定が難しいですね。Jリーグプロ野球も開幕(野球はオープン戦ですが)し、春は近づいていますね🌸

 

恐るべき太陽 (集英社文庫)

「恐るべき太陽」(ミシェル・ビュッシ 著/平岡敦 訳)を読みました。

ビュッシの作品では、「黒い睡蓮」をすでに読んでいます。

 

moricchan24.hatenablog.com

 

「黒い睡蓮」と同様、この「恐るべき太陽」も叙述トリックのミステリー。

でも、この作品は、叙述トリックであること、アガサ・クリスティーの有名な作品「そして誰もいなくなった」に対する挑戦作であることを知ったうえで読んでも、何ら問題はないように思う。というか、読んでいると何となく感じる違和感が、徐々にトリックの壁を崩していく。騙されても騙されなくても、ミステリーとして楽しめる作品だ。

 

文庫版の紹介文をそのまま引用する。

画家ゴーギャンや歌手ジャック・ブレルが愛した南太平洋仏領ポリネシアのヒバオア島。謎めいた石像ティキたちが見守るこの島に、人気ベストセラー作家と、彼の熱烈なファンでもある作家志望の女性5人が<創作アトリエ>のために集まった。だが作家は失踪、彼女らは次々に死体となって発見され・・・。最後に残るのは、誰?

(「恐るべき太陽」紹介文より)

 

クリスティーの「そして誰もいなくなった」を連想させるが、ヒバオア島には住民もいるし、もっと言ってしまえば「誰もいなくなりはしない」(笑)

この作品の魅力は、舞台となるポリネシアの島だろう。ゴーギャンやブレルが眠る墓地や記念館には世界中から観光客が訪れるが、島には住民によって守られてきた自然と神々、生きる術が残っている。

タイトルの“恐るべき太陽”は、島に照りつける強い陽光を表し、作家志望の女性たちが泊まるバンガロー:恐るべき太陽荘 の名になっているが、作中ではどんな秘密も暴き出す力を表している気もする。

 

連続殺人事件を描くのに、マイマという少女を語り手の一人にしたのは、物語を暗く沈んだものにさせずに済んでいる。どんな結末でも、未来のある若者が残っているのは救いだ。

もう一人、あまり登場しないが、出版社の社長 セルヴァーヌ・アスティーヌ(舌かみそ💦)が強烈。転んでもただでは起きない人物で、怖すぎ。

 

次は、再びシャルロッテ・リンクの作品を読む予定です。

 

いつものカレー

1月にひいた風邪でずっと行けなかった美容院。1カ月遅れでやっと行けました。

いつも1カ月半おきに予約して行くのですが、今回は2カ月以上あいてしまい、ゴムでくくっても、ピンでとめても、どないもこないもならん状態でした。

すっきりして、これまた久しぶりのカレーを食べに行きました。

 

日替わりカレーは豆腐のキーマカリー、迷った末、通常メニューのチキンカリーにしました。辛さは中辛。

うーん、満足、満足😋

 

刺し子のペンケース

端切れを刺し子で縫い付けたペンケースを作りました。

 

表地は25センチ四方の無地布(薄地)に、端切れを真ん中から適当に刺し子で縫い付けていきます。

端切れの端の始末はしていません。

内側(裏布)は、ペンをいれるポケットを先に縫い付けておきます。

ひもを挟んで、中表にぐるりを縫い(返し口は残す)、ひっくり返して返し口をとじたら出来上がりです。

 

手芸サークルで、このペンケースを応用して絵手紙用の筆入れをを作りたいと言われていた人がいたので、まずは作り方通りに作ってみました。

 

「失踪者」(下)を読みました

諸事情によりまとめての更新になりました。<(_ _)>

季節外れの暖かさと言われていますが、喜んでばかりもいられません。もはや異常ではなく、温暖化は常態化しているのでしょう。

春の訪れは早く、かつ短いのかしら。

 

失踪者 下 (創元推理文庫)

「失踪者」(シャルロッテ・リンク 著/浅井晶子 訳)の下巻を読みました。

上巻の記事はこちら。 ↓

 

moricchan24.hatenablog.com

 

五年前に失踪したエレイン生存情報に、ロザンナは急遽現地に駆けつけたが、エレインのパスポートを持つその女性は、全くの別人だった。どうやって彼女はパスポートを手に入れたのか? エレイン失踪で疑われ、人生を狂わされた弁護士にロザンナは惹かれ始め、彼の無実を証明することに熱中する。真実はどこにあるのか?

(「失踪者」(下)紹介文より)

 

ロザンナが結婚後5年も経って、なぜ失踪したエレインにこだわるのか、なんとなく想像はしたけれど、ロザンナ自身の言葉で明らかにされる場面があった。

「エレインに招待状を送ったとき、自分がすごく寛大な人間になったような気がした。かわいそうなエレインって! エレインが来たからって、結婚式が華やかになるわけじゃない。でも私は心が広いから、それでも彼女を招待してあげるんだって。でも実を言えばね、私がどれだけのものを手に入れたか、エレインに見せつけたかったのよ。仕事で成功している素敵な夫、かわいらしい義理の息子、太陽の光に溢れた暖かいジブラルタルにある素晴らしい家。盛大な結婚式。そんなものを目にしたらエレインが苦しむだろうことは、はっきりわかってた。それにエレインがパーティーでまた壁の花になるだろうことも。でも、エレインの惨めさが、私をもっと華やかに見せてくれるような気がしたの。その機会を逃したくなかったのよ」

(「失踪者」(下)より)

こんな心理は、特に若い頃はよくみられることだと思う。無意識だとしても。でも、結果ロザンナはとてつもない罪悪感を抱えることになったのだった。

真実は往々にして残酷だ。

 

ストーリー自体は大どんでん返しというほどではない。“最後の最後にあなたを待つのは、震えるほどの衝撃だ”なんて煽られたが、それほどの衝撃はなかったよ(笑)

私が印象的だったのは、脇役といえる登場人物たち。

ロザンナの兄、セドリック。数奇な運命に巻き込まれたパメラ。そして、エレインの兄、ジェフリー。

エレインの事件は悲劇だったけれど、真相が明らかになることによって、せめて周りの人だけは前向きに人生を歩んでほしいなと思った。

 

 

お雛さま

今週の水曜は手芸サークルの日でした。

今回はお雛さまを作りました。

お手玉のようなかわいいお雛さまです。

ちょうど今の季節に合うので、飾っておこうと思います。

先月のふくろうは、結局4体作りました。

ブルーとピンクの布にしたので、まるでこちらもお雛さまのようです。

カップルにして飾ろうかと思っています。

 

自分用のチョコ

バレンタインデーにチョコを買いました。例年通り、家族全員分。

自分用には、かわいい箱や缶に入ったものを選び、空き箱を利用します。

 

去年と同じモロゾフのカリーヌ。

ネコ柄がお気に入りです。

 

コメダ珈琲店の昼プレート

昨日の病院の予約は昼過ぎだったので、駅前のコメダ珈琲店で早めのランチにしました。

 

ミックスサンドにサラダとコメチキという小さなチキンが付いています。

飲み物はホットオーレにしました。

このお店、人手不足でしばらく休業していましたが、今年になってようやく再開しました。そうひんぱんに利用するわけではないのですが、便利な場所にあるので、ちょっと残念でした。

昼どきは満員でした。再開してよかったです。