もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

柳原惣門跡

1月最後の週になりました。

なぜかわかりませんが、1月 例年より長い気がします。

1月~3月までは「いって、逃げて、去って」とあっという間に

過ぎてしまうと言いますが・・・

ちょっと若返ったのかしら( ^ω^)・・・んなアホな。

 

「うまいもんまつり」の記事をちょっと休んで、

後回しにしていた「柳原惣門跡」の記事を書きます。

 

兵庫七福神めぐりの最後、柳原蛭子神社の西に

「柳原惣門跡」がありました。  ↓

柳原蛭子神社はJR兵庫駅の東側、JR線の海側にあります。

こういう遺跡の説明、きちんと読まなかったり、読んでもよく

わからなかったりで、素通りすることが多かった。

これからは、少し調べてみることにしました。

 

柳原惣門は兵庫津の西惣門であり、兵庫城の外郭の門の一つとして

築かれたと推定されている。

 

さて、わからない言葉が続々・・・

この時点で少し気分が萎えます・・・

まず「惣門」は ↓

屋敷の外囲いにある大門、正門のこと。

江戸時代、最も重要な街道筋には惣門が置かれていた。

そして、改め番所で往来を監察した。

ふんふん。 

「兵庫津」は ↓

兵庫津は、平安時代末に平清盛日宋貿易のために整備し、室町時代には

足利義満日明貿易の拠点として栄えた港である。

元は行基が設けた摂津五泊(摂津国播磨国にかけての5つの港)の

一つ、大和田泊で知られていた。

江戸時代には兵庫津と呼ばれ、西国各地から大坂入りの船舶の寄港地

として賑わった。

今のことばで言えば、「兵庫港」ということかな。

ここまでまとめると、

柳原惣門は兵庫港の西側の大門ということ。 

 

西側に大門があったなら、東側もあったよね、たぶん・・・

というわけで調べると柳原惣門よりJR線に沿って東へ行くと。

八幡神社があり、そのあたりが「湊口惣門跡」

になります。(実際に碑もあります)

湊口惣門が兵庫港の東の玄関口。

 

そしてちょうど「清盛くん像」があるあたりに、かつて

兵庫城があったのでした。

兵庫城ができたのは、1581年。

織田信長軍の武将、池田恒興が信長より兵庫の地を与えられ、

城を築きました。

しかしわずか2年で兵庫城下は豊臣秀吉の直轄地となり、

兵庫城は代官の名を取って、片桐陣屋と称されました。

1615年大坂城落城後は、尼崎藩に組み込まれ、

1769年兵庫津一帯は天領になり、陣屋は勤番所に改築。

明治時代になり、勤番所が初代の兵庫県庁になり、伊藤博文

初代兵庫県知事として赴任しました。

土塁だけが残っていた兵庫城跡は、1874年兵庫港の大幅改修

により破壊されてしまいました。

 

ちなみに、当時の兵庫城、私たちが一般にイメージする

天守閣のある城とは違うようです。

興味のあるかたは調べてみてください。

 

兵庫城はたった2年で事実上役目を終えたのですね~

短いけれども、歴史は古い。

f:id:moricchan24:20200121153204p:plain

 ↑ 一般的な城のイメージ (無料イラストより)

 

ちなみに私は高所恐怖症なので、お城に登るのは苦手です。

遠くから見るのがいいです。

と言いながら、姫路城には登りました。

一番怖かったのは松本城です。たぶん今は登れないでしょう。

○○タワーというのもだめです。

VRバーチャルリアリティー)を使って、地べたで上から見た景色を

見られたらいいなあと思います(笑)

 

崎陽軒のシウマイ

「うまいもんまつり」にはバルコーナーがあり、

地ビールやフルーツサワーも販売していて、その場で

駅弁やうまいもんを食べることができます。

(立ち食い、立ち飲みです)

お昼間でもいっぱいでした。

f:id:moricchan24:20200125130825j:plain

午後3時からはバルチケット(800円)の販売があり、

ビールor日本酒 + 対象のお店の一品が選べます。

(例)ビールが1杯501円~で、チキン南蛮450円

なので、お得ですね。

 

では、私が選んだうまいもんを紹介します。

ひとつめは、崎陽軒(きようけん)のシウマイです。

人気のお店でしたね~

私が買ったのは、当日消費期限のあつあつバージョンでしたが、

他に真空パックの常温保存できるタイプもありました。

肉まんやあんまんも人気でした。

ちょうど私の前の人で「できたて」がなくなり、

次の「できたて」まで5分待ちました。

 

開けると、こんなんですよ。

 

崎陽軒のシウマイ、とても有名ですが、私は初めてです。

ひとつひとつは小さくても、むちっと身が詰まっていて

歯ごたえもあり、うん、おいしい👄

 

崎陽軒とシウマイについて調べました。

私が買ったのはシウマイの単品ですが、横浜駅の有名駅弁に

シウマイ弁当があります。

崎陽軒は横浜の会社なんですね。

ホームページによると、 ↓

 

創業は1908年(明治41年)。

4代目横浜駅長だった久保久行さんが、退職後に妻

コトさん(旧姓野並)の名で横浜駅構内営業の許可を得たのが始まり。

当時の横浜駅は現在と位置が違い、現在の桜木町駅付近だった

そうです。

初代横浜駅で売っていたのは、牛乳やサイダー、餅、寿司などで

シウマイが登場するのはずっと後です。

 

1915年(大正4年)、初代横浜駅が移転し、2代目横浜駅

できたのに合わせて、匿名組合崎陽軒を設立し、駅弁の販売を開始。

1923年(大正12年)、合名会社に法人化。

関東大震災後の復興のため、駅頭で牛丼やカレーライスを販売して

旅客供食に努めた。

 

1928年(昭和3年)

横浜駅は東京駅から近く、駅弁の販売には不向きだった。

横浜名物を作りたいと、南京街(現在の中華街)を探索し、

突き出しとして提供されていたシューマイに着目。

冷めてもおいしいことにこだわり、南京街の点心職人をスカウトし、

豚肉と干し帆立貝柱を混ぜ合わせたシウマイを完成させた。

 

ここで初めてシウマイが出てきました。

 

1946年(昭和21年)、横浜大空襲(1945年)により全てをなくした

崎陽軒だったが、KY食堂の名で横浜駅構内食堂を開店。

KYはきようけん・よこはまのイニシャル。

1954年(昭和29年)、シウマイをメインにした「シウマイ弁当」が誕生。

焼き魚、玉子焼きに加え、横浜蒲鉾、福神漬にシウマイが入った

お弁当でした。

 

1955年(昭和30年)

「ひょうちゃん」が登場。

「ひょうちゃん」は、シウマイの箱に入れる醤油入れです。

 

↑ 写真の右上のひょうたん型の醤油入れです。

 

醤油入れは初めはガラス製でしたが、ひょうたん型の磁器にしたところ、

漫画家・横山隆一先生が「目鼻をつけてあげよう」と

たくさんの表情を描いてくれました。

「ひょうちゃん」の命名も横山先生。

 

1955年(昭和30年)、お手拭きを駅弁に付けました。

お弁当にお手拭きを付けるのは崎陽軒が最初。

1967年(昭和42年)、真空パックのシウマイ販売開始。

今では一般名称になった真空パックという言葉は崎陽軒独自の発案。

 

崎陽軒、すごいですね~

横浜駅と中華街によって、シウマイ弁当は生まれたのですね。

 

さて、シュウマイのイラストといえば ↓

f:id:moricchan24:20200124153727p:plain

上にグリンピースが載っていますが、

崎陽軒のシウマイには載っていませんね。

実は中に入っています。(写真にもちょっと緑っぽいところが)

崎陽軒によると、シウマイ1個につき平均グリンピース3個

入っているそうです。

シウマイにグリンピースが載っているわけは、

  1. イチゴのショートケーキを真似た
  2. 給食で数を数えやすいよう目印にした
  3. 冷凍食品メーカーが見栄えや栄養バランスを考慮して

などの説があります。

NHKのチコちゃん~の番組では1の説をとっていた)

 

横浜は行ったことがありません(通過しただけ)。

中華街も神戸より大きいのかな。ぜひ行ってみたいものです。

次回は宇和島のじゃこ天を紹介します(^^)/

 

「全国のうまいもんまつり」へ

昨日、梅田の阪神百貨店で開催中の「有名駅弁とうまいもんまつり」

へ行ってきました。

このようなイベントに行くのは初めてです。

混んでいるし、列に並ばないといけないし、苦手です。

でも今回、「ふるさと 食べ物」の取材を兼ねて出かけることに

しました。

 

メインは駅弁なんです。

事前予約しか受け付けない駅弁や、当日整理券を配る駅弁もあり、

なかなかすごそう・・・

当日ぽっと行って買えるのか・・・と思いましたが、

普通に買える駅弁もありました。

私は駅弁はパスして、同時開催の「うまいもん」の方をみて回りました。

 

紹介してみます。 ↓

サーモンオリーブ、鮭ルイベ漬(北海道)

ジャンボタラバかにコロッケ(北海道)

チキン南蛮(宮崎県)

白えび天ぷら(富山県

じゃが豚(北海道)

手握り竹輪(広島県

宇和島じゃこ天(愛媛県

野沢菜古漬(長野県)

からし蓮根(熊本県

もずく(沖縄県

無頭はたはた一夜干し(島根県

幻の梅(和歌山県

半田手延めん オカベの麺(徳島県

味付帆立(北海道)

虎屋ういろ(三重県

エスト・ローヤルのシュー・ア・ラ・クレーム(兵庫県

熊本いきなり団子(熊本県

ゆずの里ぼん酢しょうゆ(愛媛県

ハチミツ入り リンゴ酢(青森県

プロポリス 生ローヤルゼリー入りハチミツ(沖縄県

PENRAGON TEAの宇治抹茶タピオカ(京都府

もこもこミルクソフトクリーム(北海道)

 

+(プラス) 駅弁店が作る「うまいもん」 ↓

ぶりかまうま煮(富山県

まねきのえきそば乾麺(兵庫県

牡蠣のうま煮とビーフン添え(広島県

山賊揚げ(山梨県

稲荷餅(愛知県)

くじらカツ(長崎県

愛すチキン(広島県

黒豚角煮(鹿児島県)

崎陽軒の特製シウマイ(神奈川県)

有田焼チーズケーキ(佐賀県

穴子の切り落とし(広島県

ドクターイエローマンゴープリン(兵庫県

 

駅弁を外しても、この種類!

美味しそうなものはたくさんありましたが、

崎陽軒のシウマイ

宇和島じゃこ天

・虎屋ういろ

を買って帰りました。

次回から順番に詳しく紹介します(^^)/

f:id:moricchan24:20200124153727p:plain

 

フロレスタのドーナツ

朝は冷え込みました。

明日からはしばらく雨が続くそうです。

大寒の天気とは思えない・・・

この暖かさはうれしさを越えて不気味であり、怖いです・・・

 

甲子園にできてだいぶ経つ「フロレスタ」のドーナツのお店。

元々奈良のお店で、2002年にできたそうです。

リポートも兼ね、シンプルな「ネイチャー」を買うことに。

袋もかわいい💛

 

もちもちした生地。とても素朴な味です。

北海道産小麦、国産大豆無調整豆乳、赤卵、国産バターを使用し、

添加物を使わない良質なドーナツ🍩

ホームページを見ると、留意点が他にもあるようです。

・おいしさを優先した上で、できるだけ国産、有機の材料を使います。

・包材は必要最小限にとどめ、できるだけゴミを出さないように

 心がけます。

・無駄のないようできるだけ作り置きをせず、、常に新鮮な商品を

 提供します。

・掃除の際や調理器具を洗う際は合成洗剤を使用せず、地球環境や

 アレルギーに配慮します。

 

奈良はパンやケーキの個性的なお店が増えています。

私の住んでいた頃のイメージとは変わってきているのですね~

やっぱり和菓子のイメージだったから。🍵

(もちろん和菓子もおいしいよ)

いいものを作りたいクリエーターたちが腕を振るえる

土地であるならうれしいことです(*^-^*)

 

兵庫七福神めぐり その4

週末は雨続きのようです。今年の冬は雨が多いですね。

雪不足は深刻で、兵庫県知事が「一種の災害だ」と言っていました。

春先に雪がないと水不足になったり、

野菜が育ちすぎて、一気に品薄になってしまうとか、

懸念されています。

気候の変動と世の中の変化は、追いつけないほどに急な

動きになっています。心配・・・

 

「兵庫七福神めぐり」最終回です。

f:id:moricchan24:20200108211034p:plain

 

柳原天神社を出て、2号線を渡るとすぐ柳原蛭子神社に着きます。

やなぎはらひるこじんじゃと読み、蛭子伝説のえびすさまを

お祀りしています。

 

柳原蛭子神社(恵比寿天)

この日は1月12日。十日えびすが前日に終わったところで、後片付けを

されている最中でした。

「柳原のえべっさん」とよばれて親しまれている神社。

毎年1月9~11日にかけて行われる「十日えびす大祭」には、

商売繁盛や福徳円満を願ってたくさんの人々が参詣に訪れます。

楽殿 ↑

 

本殿の裏側に回ると木製の鯛と木の小槌が用意されています。

えびすさまは耳が遠いので、お願い事を聞いてもらうために

叩きます。

 

 恵比寿は伊弉諾命と伊弉冉命の子。「ひるこ」

商売繁盛の神。もともと海の「守り神」。

 柳原蛭子神社のホームページには、えびすさまの由来が「蛭子大神」と

事代主神」の両方の説が紹介されていました。(*^-^*)

f:id:moricchan24:20200107164233p:plain

えびすさまのお人形は、3日間の十日えびす大祭で売り切れでした。

(T_T)

そりゃそうかも。

人出が多いので十日えびすの日は避けたのですが、終わってからではなく

始まる前に行くべきだった。

ショックで写真も撮らず、隣の福海寺にふらふら歩いて行ってしまい、

あわてて戻って写真を撮ったのでした。

 

柳原蛭子神社の隣にある大黒天ゆかりの福海寺

福海寺(大黒天)

えびすさまと大黒さまは並べて祀られていることが多いです。

西宮神社にも、本殿の隣に大黒社があります。

「えびすさまの謎」でも書いたとおり、大黒さまとえびすさまは

親子神だという説があるからです。

この柳原では、「十日えびす大祭」に合わせて「大黒祭」が開かれていて、

ここも片付けの最中でした。

釈迦如来を本尊とする禅宗南禅寺派の寺院で、足利尊氏が在庵円有に

開かせたと言われています。

元は二本松(JR兵庫駅の西)にありましたが、嘉吉の乱(1441~43)

で焼失し、現在の位置に移ったと伝えられています。

 

清盛遺愛の時雨の松 碑 ↑

清盛が愛した時雨の松は兵庫区三川口町にありました。

青葉から玉露を垂らし、霊験あらたかであったと言われています。

太平洋戦争の火災により枯れてしまいました。

今は石碑のみが福海寺に残っています。

 

大黒様はセルフでいただけました。

大黒天は密教と共に日本に伝わった。

最澄延暦寺の台所の守護神として祀ったという。

「五穀豊穣」農業の神から商売繁盛の神に。

f:id:moricchan24:20200114162613p:plain

 

柳原蛭子神社の西門に「柳原惣門跡の碑」があります。

これについては、別カテゴリーで書きます。

 

お人形、えびすさまだけいただけず、十日えびすの翌日に出かけて

しまったことを後悔・・・

JR兵庫駅の間近なので、後日柳原蛭子神社だけ訪れることに

します(^^)/

今回、兵庫(区)のふるさとの味はないかと調べたのですが、

見つからなかったので、もう一度それも調べて「味」のレポートも

できればと思っています。

 

楽しくてちょっと残念な七福神めぐり、無事終了!

 

兵庫七福神めぐり その3

 今日は大寒

暖冬とはいえ、さすがに寒くなりました。

最後のセンター試験が終わり、また時代がひとつ終わったなあと

感慨深いです。

 

ちょっと間があいてしまいましたが、「兵庫七福神めぐり」の

第3弾です。

f:id:moricchan24:20200108211034p:plain

イオンモールでお昼を食べて充電完了!

元の道まで戻って、兵庫大仏の鎮座する能福寺へ。

 

能福寺毘沙門天

805年(延暦24年)に最澄が自作の薬師如来像を安置して、日本初の

教化霊場にしたことにはじまるといわれる天台宗の寺院です。

当時日本三大大仏のひとつだった兵庫大仏がありましたが、

戦時中の金属供出で台座だけになってしまいました。

現在は1991年(平成3年)に再建されたものです。

 

 

毘沙門天多聞天とも呼ばれ、四天王の一尊にも挙げられる。

知恵と勇気の神。

f:id:moricchan24:20200116133352p:plain

毘沙門天のお人形は社務所でいただきました。

 

能福寺を出て、今度は西へ。

すぐ、布袋さんゆかりの柳原天神社に着きます。

 

柳原天神社布袋尊

天神さんですから、菅原道真公をお祀りしています。

901年(延喜元年)2月、道真は左遷先である太宰府への途次、

暴風雨を避けるため和田岬に一時上陸したといわれ、彼の死後、

所縁の地である兵庫に太宰府安楽寺から分霊をうけて祀ったのがはじまり

と伝えられています。

 

道真といえば牛。なでなでさせていただきました。

 

こちらには七福神が勢揃い。

 

布袋さんのお人形はお賽銭箱の隣に置いてあり、お賽銭箱に

お金を入れてセルフでいただきます。

大きな度量、円満な人格、繁栄の神。

担ぐ袋は堪忍袋と言われている。 

f:id:moricchan24:20200116134756p:plain

お腹控えめで描かれたイラスト。もっとお腹ぱんぱんですよね。

七福神の耳はみんな大きいですね。福耳というやつですね。

子どもの頃、耳たぶを押さえて「ギョーザ!」というの

やりませんでしたか?

七福神の耳ギョーザはジャンボサイズ🥟

 

次回はいよいよ最終回です。

 

ブリオッシュかガレットか

今日の「ふるさと 食べ物」はフランスです。

ふるさとがフランスってどうなん? 誰なん?

私の前世はフランス人だったのです\(◎o◎)/

 

平日はラジオの「まいにちフランス語」を聞いています。

今月のテーマは「イベント」で、1月6日のエピファニー

紹介されていました。

エピファニーは、キリスト教カトリック)の三大祝日の一つで、

公現祭と訳されます。

エピファニーは東方の三博士がキリストを拝むためにやって

きたことを記念する日。

三博士の目の前にキリストが出現した日です。

(フランスでは国民の祝日ではありません)

 

 フランスではこの日にガレット・デ・ロワというお菓子を食べて

お祝いする習慣があります。

f:id:moricchan24:20200117193332j:plain

(フリー画像からお借りしました)

このお菓子の説明はラジオのテキストから。

ガレット・デ・ロワ(galette des rois)

アーモンド・クリームが入ったパイ生地の丸いガレットと呼ばれる

ケーキ。

ケーキには陶器でできた小さい人形「フェーブ」が入っていて、

取り分けられたケーキの中にフェーブを見つけたら、その人が

王様になってそこにいる人たちの中から女王様を選ぶ。

(女性が見つけたら、王様を選ぶ。)

 

フランスでも南部のプロヴァンス地方地方では、ガレットではなく、

ブリオッシュ・デ・ロワが好まれるそうです。

f:id:moricchan24:20200117194112j:plain

(フリー画像からお借りしました)

ブリオッシュ・デ・ロワ(brioche des rois)

砂糖漬けのフルーツがのった、オレンジの花で香りづけされた

ブリオッシュが南部では好まれています。

王冠型のケーキにそらまめと陶器の人形が入っていて、

分け前にそらまめが入っていれば王様、陶器の人形が入っていれば

女王様になります。

もし自分のケーキにそらまめが入っていたら、翌年はみんなを

もてなすことになるんですよ。

 

洋画でこのお菓子を食べるシーンを見た覚えがあります。

フランスのお祭りはかわいい!

私もフェーブを当てたいな!