もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「六甲アイランド ハロウィーンウォーク」その2

昨夜から頭痛・・・

低気圧が来ているから。それも結構強い・・・

気圧が下がると頭痛がするので、台風や低気圧の接近がわかる。

こんなものに敏感になっても仕方ないのだけど。

 

10/27(日)に参加した「六甲アイランド ハロウィーンウォーク」の

続きです。(^^)/

 

こうべ甲南武庫の郷から東へ500m。処女塚(おとめづか)公園に

着きました。

ここは処女塚古墳という前方後円墳を遺跡公園として整備された

ところです。

前方後円墳の「円」の部分(写真の階段を上がったところ)で

おにぎりタイムにしました。

この古墳には万葉集にも残る悲恋伝説があります。

遠い昔、六甲山の麓、今の神戸市灘区に莵原(うはら)という村が

ありました。

その村に機織りの上手な大変美しくやさしい娘が住んでいました。

その娘を2人の若者が好きになりました。

ひとりは娘と同じ莵原に住む若者、もうひとりは和泉国の若者

でした。

娘はどちらも素晴らしい若者なので、どちらかを選ぶことができず、

だんだんやつれていきました。

一方、2人の若者は激しく競争するようになりました。

そこで娘の両親が生田川で2人に弓の勝負をさせ、勝った方を

選ぶよう提案し、2人は弓比べをすることになりました。

2人が放った矢は2本とも同じ水鳥に当たり、それを見た

娘はやはり選ぶことはできないと、生田川に身を投げました。

それを見た2人の若者も娘の後を追い、川に身を投げたのでした。

娘の墓は処女塚(おとめづか)、2人の若者の墓は

東求女塚(ひがしもとめづか)、西求女塚(にしもとめづか)と

呼ばれています。

東求女塚も西求女塚も両方ちゃんと公園になっています。

前者は阪神住吉駅の東側、後者は阪神西灘駅の南側にあり、

処女塚を守っているようにみえます。

 

公園を出て、43号線を越え南へ。

神戸酒心館に着きました。

こちらでも試飲をさせていただきました🍶

 

石屋川沿いに北へ。43号線に出て東へ。

白鶴酒造資料館に着きました。

この資料館は初めて入りました。大きくて立派です。

ちなみに私の日本酒の好みはやや辛~辛口で、白鶴は甘いので

もひとつなんですが・・・

疲れた体に冷えたお酒は沁みます・・・呑んで~呑んで~呑まれて~呑んで~♬

 

べろべろになって(冗談です(笑))六甲アイランドを目指します。

資料館を出て南へ。水路を渡り東へ。住吉浜から六甲大橋をいよいよ

渡ります(^^)/

スロープの部分から橋に入ります。

高所が苦手な私は歩道橋や橋も苦手。

こんな写真を撮るのも足ががくがくします( ̄ロ ̄lll)

渡り終えてやれやれ。六甲山系を臨む。

長い橋で30分くらいかかりましたよ。

六甲アイランドのリバーモールで解散しました。

ハロウィーンイベントが開かれていました。

この写真の中でも仮装している子どもがいます。仮装してないとかえって目立つくらい

でしたよ。

 

日本酒とハロウィーン🎃を楽しんだハイキングでした。

歩程:約14㎞

 

「六甲アイランド ハロウィーンウォーク」その1

小春日和が続いて気持ちがいいですね。でもそろそろ木枯らしの

季節がやってきそう・・・

 

小春日にクロワッサンを買いに行く

 

 ↑ ちょっと一句ひねってみました(笑)

 

たまっているハイキングの記事をアップします。

10月27日(日)、「第4回 KOBE8マスターズウォーク 

秋の訪れを日本酒で乾杯! 六甲アイランドハロウィーンウォーク」

に参加しました。

KOBE8マスターズウォークは、地元神戸の8つの私鉄が主催する

ウォークです。

阪急電鉄阪神電車神戸市交通局神戸電鉄山陽電車

北神急行電鉄神戸新交通

8つちゃうやん、7つやん!

ふっふっふっ。最後の神戸新交通にはポートライナー

六甲ライナーが含まれ、これで8つなのでした!

 

阪神 神戸三宮駅からフラワーロードを南に下ったところにある

東遊園地に10:00集合。

出発してまもなく、以前神戸市役所2号館横にあった花時計を見つけました。

市役所の建て替えのため東遊園地の南端に移転されたのでした。

  (写真は歩道橋の上から撮っています)

 

みなとのもり公園

ここからは去年の10/21の「第6回そぞろあるき」と途中まで

同じコースです。

トイレ休憩後、小野浜公園横を歩いて、脇浜海岸へ。

海岸沿いを東の端まで歩いて北へ。

歩道橋の東側は、ちょっとメルヘンチックななぎさ小学校。

 

東海道本線の貨物支線である、神戸臨港線を東へ。

今は遊歩道として整備されています。

阪神岩屋駅付近まで歩いて、南へ。

前回去年の「そぞろあるき」では北に折れ、阪急王子公園を回ったのですが。

 

BBプラザ美術館の角を東へ。43号線沿いを歩きます。

敏馬神社(みぬめじんじゃ)に着きました。

視線の先に長い階段が・・・

登ったら ↓

なかなか立派な社殿です。

この神社の前は通ったことがありますが、お参りしたのは

初めてです。

 

再び43号線に沿って東へ歩き、味泥交差点を南へ。

赤い実をたくさんつけている木。何の木かな?と思っていると、

ピラカンサよ」と教えてもらった。以心伝心💛

 

沢の鶴の資料館とショップに着きました。

 ↑ ショップ。左側に試飲の列ができています。(当然私も!)

 ↓ 資料館

去年の「そぞろあるき」で見学したので今回は写真を撮っただけ。

 

都賀川に出たところで北へ。

西郷橋に「旧西国浜街道」の碑。↓

街道沿いに東へ。途中北へ折れて43号線沿いを東へ。

前回もトイレを借りたサザンモール六甲へ寄り、トイレ休憩。

新在家交差点で43号線を北側へ渡る。

こうべ甲南武庫の郷に着きました。

この日は地域のハロウィーンイベントが行われていました。

正面の建物が旧高嶋酒類社長邸。

せっかくなので、今年の5/5(日・祝)に行った「阪神間モダニズム⑤ 

歩いて巡る古き良き神戸 ウォーク」(たぶんブログアップはしてない)

で撮った写真を貼ります。↓

f:id:moricchan24:20191113193930j:plain

f:id:moricchan24:20191113193956j:plain

この日は中も見学できて。

f:id:moricchan24:20191113194055j:plain

中庭から。

f:id:moricchan24:20191113194128j:plain
f:id:moricchan24:20191113194152j:plain

窓にはステンドグラス。お庭には大きなかまど。

f:id:moricchan24:20191113194317j:plain
f:id:moricchan24:20191113194330j:plain

お庭はつつじが満開でした。

f:id:moricchan24:20191113194549j:plain
f:id:moricchan24:20191113194534j:plain

向かって左側は蕎麦屋「そば辰」と寿司屋「なだや」、右側は甲南漬本店。

 

季節は戻って、10月。

ハロウィーンイベントに出店しているお店を見て回り、

昼食ポイントの処女塚公園へ急ぐ。

「その2」に続きます。

 

トルコライス再び

「革命前夜」を読み終わってからしばらくは何も読む気にならず

ぼーっとしていました。

心を動かされた作品に出会うと、私はよくこういう状態になります。

ナントカロスというやつです。

10月末からようやく動いています。ぼちぼちブログにもアップ

していきます(^^)/

 

ららぽーと甲子園のフードコートでトルコライスを再び食べました。

この夏に一度食べたとき、くじに応募しました。

そしたら、ららぽーと甲子園とコロワ甲子園のお食事券が

500円ずつ当たりました💐

それでそのお食事券を使ってもう一度トルコライス

食べたのでした。アイスコーヒーも付けました。

 

今年はくじ運がよく、いろいろよく当たります。

夏の盛り、さしていた日傘に鳩のフンが当たりました。

ウンがついたと思います(笑)

 

「革命前夜」とバッハ

今日は祝日。けっこう知らない人が多かった・・・

東京は雨で少し残念でしたが、大切な行事が無事執り行われる

ことを願います。

 

ここのところ、ずっと読書の記事。

ほんまに本ばかり読んでいます。なんやろな~

内に籠ってひたすらインプットをしている感じ。

でもこういう本に巡り合うと、ばんざーい\(^o^)/と叫びたく

なる。

革命前夜

須賀しのぶ著「革命前夜」を読みました。

感動した。

 

舞台は1989年の東ドイツ

昭和から平成に変わった1月8日、眞山柊史(マヤマシュウジ)は

東ドイツドレスデンにある音大へ留学するため日本を離れた。

同じ年の11月9日、ドイツの東西を隔てていたベルリンの壁

崩壊するまでの、柊史(通称:シュウ)の留学生活を描いている。

シュウはバッハを敬愛するピアノ留学生。

留学先を東ドイツに選んだのもバッハ生誕の地だからだ。

 

留学先には東ドイツの学生の他、世界各地から留学生が来ている。

といってもこの時代はまだ東西が分裂していたので、いわゆる「東」

からの留学生が多く、シュウのように西側の留学生は珍しい。

純粋にバッハを、音楽を愛し異国の地に学びを求めたシュウだったが、

すさまじい歴史の変化の渦に巻き込まれていく・・・

 

全編通して音楽の描写が多い。音大の学生の話なので当たり前だが、

詳しく曲目も挙げてあり、実際に曲を確認してみたいと思い、

You Tubeで曲を検索し、途中からはバッハの曲を流しながら

読み進めました。You Tube、音質を無視すれば曲の概要はわかるので

ありがたいです。

最後まで読み終えたとき、この小説は壮大なバッハの音楽の

ようだと思いました。

 

バッハの曲を挙げよと言われて、一番に何を挙げるか。

今ちょうどやっているドラマ「G線上のあなたと私」の

モチーフにもなっている「G線上のアリア」?

この曲は高校のときマンドリンオケでやったな~

このとき私はギターを弾いてたんだろうか、それとも指揮を

していたのかしら、記憶があいまい。

トッカータとフーガ ニ短調」?

これはエレクトーンで弾いた。

「小フーガ ト短調」?

これはアンサンブルをしたかしら。

 

You Tubeで検索したとき、バッハの曲、あるわあるわで

こんなにあったのだと改めてバッハのすごさを感じました。

「革命前夜」前半に登場するバッハの「平均律」。

これも有名ですね。

バッハ名曲メドレーの中には ↓

ほぼ3日間、バッハにまみれて過ごしました。

 

あと、東ドイツと聞いて思い出したのは、宮本輝

「ドナウの旅人」。

ドナウの旅人 上下巻セット (新潮文庫)

これも宮本輝作品では大好きな作品。

何度も読み返したけれど、最近読んでないな。また読もう。

国、故郷、国家、文化、歴史、街並み、言語、音楽、建築、

自然、そういったものと自分のアイデンティティを突き詰めて

考えてしまう、そんな作品だった。

「ドナウの旅人」も「革命前夜」も。

 

「ルパンの消息」を読みました

台風19号の被害がひどく、ちょっと陰鬱な気分になっていました。

被害にあわれた方々を思うと、「何を」と言われる

かもしれませんが、やはり気分は沈みます。

 

昨日は予約していた健康診断でした。

去年からは保険組合の巡回型検診を利用していて、

最寄りの会場を選び、予約します。

乳がん検診のマンモグラフィーだけオプション(有料)に

して、後は一般検診を受けました。

マンモも去年の手術前に受けたので、そんなに戸惑いは

ありませんでした。

去年よりすいていて、1時間弱で終わりました(^^)/

いろいろと引っかかると思いますが、今はとりあえず終わって

ほっとしています。

 

ルパンの消息 (カッパノベルス)

横山秀夫著「ルパンの消息」を読みました。

横山氏の作品は「臨場」や「陰の季節」、「半落ち」など

ドラマ化、映画化されたものも多く、

原作の小説もたくさん読んでいますが、この作品は

初めて読みました。

氏の処女作だそうですが、なかなか本にならなかったそう。

 

“時を超えた驚愕の結末”と紹介文にありましたが、

なかなかの驚愕でした。

筋を追うのが面白いのでサクサク読んでしまいますが、

きちんと伏線が張ってあり注意が必要。

横山氏の若さも感じられ、読みごたえがありました。

 

「アリス殺し」を読みました

台風19号の甚大な被害にただ驚くばかりです。

こちらは去年の21号よりもずいぶんましでした。

やはり通るコースによって全然違うのでしょう。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

こんなときにこんな本で何か不謹慎かもしれませんが、

返却しないといけないので覚え書きとして記事にします。

アリス殺し 『アリス殺し』シリーズ (創元クライム・クラブ)

小林泰三(こばやしやすみ)著「アリス殺し」を読みました。

初めて読んだ作家です。

表紙を見ても「不思議の国のアリス」と関係がありそうな

気がしますが、その通り! 関係 大有りです(笑)

ファンタジーとSFとミステリーが融合しているちょっと

変なお話。

叙述トリックっぽいので、あらすじを書きにくいです。

表紙裏の紹介文を引用することにします。

 

大学院生・栗栖川亜理は、最近不思議の国に迷い込んだ

アリスの夢ばかり見ている。

ハンプティ・ダンプティの墜落死に遭遇する夢を見た後

大学に行ってみると、キャンパスの屋上から玉子という

綽名の博士研究員(ポスドク)が墜落死を遂げていた。

次に亜理が見た夢の中で、今度はグリフォンが生牡蠣を

喉に詰まらせて窒息死すると、現実でも牡蠣を食べた

教授が急死する。夢の世界の死と現実の死は繋がっている

らしい。(後略)

 

ほとんどが会話文なので早く読めますが、登場人物が多くなると

誰のセリフかわからなくなってきました。

どちらかというとこういう(会話文主体の)文体はあまり

好きではありません。

続編「クララ殺し」「ドロシイ殺し」を借りて読むか

迷っています。

たぶん「クララ殺し」は「アルプスの少女ハイジ」、

「ドロシイ殺し」は「オズの魔法使い」と関係あるだろうなと

想像できます。

 

今は読む本があるので、それを読み終わった後考えることにします。

 

 

大阪史跡遊歩道ウォーク

台風19号が東海・関東方面へ向かっています。

とても大型なので離れていても影響がありそう。

明日から準備を始めようと思います。

 

前の日曜日(10/6)にNPO法人 大阪・関西歩け歩け協会主催の

「大阪史跡遊歩道ウォーク」に参加しました。

9:15に長居公園JR阪和線 長居駅)集合。

公園の東出口を出てそのまま東へ歩きます。

鷹合(たかあい)神社を過ぎて北へ。

 

酒君塚(さけきみつか)古墳に着きました。

この碑をてっぺんとして直径35m、高さ2mの墳丘になっています。

築造時期は4世紀末。田辺古墳群では最も古い古墳だそうです。

 

近鉄南大阪線針中野駅を東へ。湯里東交差点を南へ入り、

今川緑道を南へ歩きます。

途中、喜連(きれ)西中央公園でトイレ休憩。

再び緑道に出て南下。

湯里6交差点を南へ。

 

中臣須牟地(なかとみすむち)神社を過ぎ、大和川に出る。

河川敷を西へ。

大衣羅(おおよさみ)神社 ↓

この辺りでアンカー(最後尾)のスタッフと一緒になり、

あわてて早歩き💦

依網(よさみ)池跡を過ぎ、浅香中央公園で昼食休憩です。

このハイキングもともとは18㎞のコースですが、

私はこのあとの阪和線 杉本町駅までの11㎞コース(笑)

昼食休憩後、二つのコースに分かれて並び、18㎞コース組から

出発!

11㎞コースのゴール、杉本町駅までは公園からすぐです。

杉本町駅前には大阪市立大学(通称いちだい)キャンパスが

あります。

18㎞コースの人はこのあとぐるーっと住吉大社まで歩き、

長居駅がゴール。がんばって!

私は無事杉本町駅にゴールできました。

それにしても杉本町駅のホーム、狭すぎ!