もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

みんぱく「特別展 驚異と怪異」へ

だんだん秋の空気に変わってきました。

気をつけないと風邪を引きそうです。

 

昨日、吹田の万博公園みんぱく国立民族学博物館)で

やっている「特別展 驚異と怪異」を見に行きました。

f:id:moricchan24:20190918152008j:plain

万博記念公園に来るのは久しぶりです。

朝の8:30に家を出てちょうど10:00過ぎに着きました。

乗り換えが多いので交通費も痛いです(:_;)

f:id:moricchan24:20190918152329j:plain

やっぱり太陽の塔は大きいですね~

塔内を見学できるようになってこの太陽の広場も整備されたようです。

今日はみんぱくのチケットだけにして公園内の散策はお預け。

 

f:id:moricchan24:20190918152821j:plain

みんぱくの特別展示館。

 

f:id:moricchan24:20190918152954j:plain

入り口のパネル。

 

f:id:moricchan24:20190918153022j:plain

入り口。

 

特別展の展示は2か所を除いて撮影禁止で残念でしたが、

とてもおもしろくて、ちょっと怖くて、やっぱりおもしろい、

それでも怖い・・・そんな気持ちがぐるぐるする。

 

世界各地の人々の想像の中に息づく生きものが集められて

いました。

<水に潜むもの>

しょっぱなは「人魚」です。

頭は人で体は魚というのが「人魚」と思っていましたが、

逆パターンの頭が魚、体が人の「人魚」もありました。

次は「龍」

「龍」は身近でめでたい感じ。

f:id:moricchan24:20190918154646j:plain

と思ったらアジアの「龍」は怖そうだった・・・

あとは「河童」とか怪しげな「蛙」とか。

 

<天にはばたくもの>

「霊鳥」「怪鳥」「鳥人

このあたりからちょっとずつ怖くなる。

サンダーバード、日本にいる「ライチョウ」ではない

雷鳥」もありました。

可愛くすればポケモンなんだけどねー

「天馬」ペガサスですね。西洋の絵はきれいでした。

 

怪異を吉兆とするか凶兆とするかは国や時代、文化に

よるのですが、大体は政治や経済活動に利用されたり

するんですよね。

 

<地を巡るもの>

「巨人」

だいだらぼっちと呼ばれる巨人伝説が日本にあって、

その巨人の刀と下駄がありました。

下駄は机くらいありました(:_;)

「有角人」

身近なのは「鬼」ですね。

西洋の「有角人」はひょうきんな感じであんまり怖く

ないのですが、ずっと見ていると不思議と不気味に

感じてくるのです。

「変身獣」「瑞獣・怪獣」「蟲」「人間植物」

だんだん、ほんまか~って突っ込みたくなるものが

出てきますが、このへんから面白くなってくるのも事実。

ゲゲゲの鬼太郎』や『千と千尋の神隠し』の世界です。

 

<驚異の部屋の奥>

「人魚」や「河童」のミイラが箱に入って神社の奥にありました。

てな具合で展示されてる。

ほんまか~ってじっくり見たいけど、背筋が寒い。

もう降参\(T_T)/

 

見えないけれど確かにあるものを、太古から人間は

形にしてきた。

そのいくつかが今も残っているのだろう。

そんな人間の心が一番の「驚異」かもしれない。

 

ミュージアムショップでお土産を1つ買って、

本館のレストランで「フォーランチ」を食べた。

ベトナム料理のフォーだ。

塩味のスープに、具はとり胸肉、もやし、ネギ。

お好みでと言われたパクチーは入れずにレモンを絞って食べた。

ベトナム春巻き?がおいしかった。

ぎょうざのたれのようなものが付いていて、

それをかけて食べてみた。

最初はちょっと臭いがして、ん?と思ったが、

食べているうちにクセになってきた。

デザートはベトナムコーヒーのゼリーだった。

みんぱくならではのランチだった。

 

午後は本館を見学。

次回をお楽しみに。

 

「東京會舘とわたし」上・下 読みました

 しばらく涼しい日が続きました。ほっとできました。

また今日から暑くなりそうですが、少しずつ秋の気配も

感じます。

もうちょっとの辛抱ですね。

 

辻村深月著「東京會舘とわたし 上 旧館」、

東京會舘とわたし 下 新館」を読みました。

東京會舘とわたし(上)旧館

東京會舘とわたし(下)新館

上下巻共に今月文庫化され、本屋で見かけたので

図書館で予約しました。

既に次の予約が付き、期限内に読めるか心配でしたが全く大丈夫(^^)v

読みやすくおもしろかったです。

 

東京丸の内、皇居二重橋前にある東京會舘

この物語の主人公はこの建物です。

大正11年に民間の力のみでできた国際社交場。

この東京會舘に関わった人々のエピソードを上下巻10のお話で

つなげています。

第一章が大正12年(1923年)、第十章が平成27年(2015年)

と、92年の年月が流れるため、

10のお話の登場人物は変わっていきます。

でも、チェーンのようにつながっているのです。

 

たとえば、

“第一章 クライスラーの音楽会 大正十二年(1923年)五月四日”

では、東京で小説家を志しながら挫折し故郷に帰った寺井承平が

帝国劇場で開催されたヴァイオリニスト、フリッツ・クライスラー

音楽会を聴きに金沢からやってくる。

その寺井に応対した東京會舘のボーイの佐山(第一章では

名前はわからない)が、

“第二章 最後のお客様 昭和十五年(1940年)十一月三十日”

で、主役を務める。

クライスラーの音楽会を聴いた寺井のその後は、第三章で

明らかになる。

 

92年間に戦争、二度の大震災(関東大震災東日本大震災)、

建て替え(上下巻が旧館、新館となっているのはそのため)、

名称の変更などがあり、長い歴史がうかがえる。

私は東京は不案内で、東京會舘がどこにあるのか地図で探した

くらいだから、東京會舘に思い入れはない。

でも登場人物が東京會舘を家族や恋人のように愛する気持ちは

わかるような気がした。

きっと当時も今も東京會舘に特別な思いを抱いている人は

実際たくさんいるのだろうな。

 

東京會舘は、このお話の第十章の後、平成27年2月から

再び建て替えられ、平成31年1月(そう今年)オープンした。

新しい顔になっても、変わらない落ち着きと安心感で

人々を迎えているのだろう。

 

「坂の途中の家」を読みました

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

   ↑

(暑さに苦しむ私のうめき声)

 

角田光代著「坂の途中の家」を読み終えました。

坂の途中の家

本屋さんで読みたい本を物色し、図書館で予約しようと

思いました。

家に帰ると「~~家」というタイトルしか覚えていませんでした。

検索して、

東野圭吾氏の「人魚の眠る家」と

上記の「坂の途中の家」のどちらかだと思い、両方予約しました。

「人魚~」の方は200件以上の待ちなので2年くらい先に

なるでしょう(^^ゞ

 

さて、「坂の途中の家」、なかなかキツい中身です。

2歳の女の子をもつ専業主婦の里沙子が、裁判員に選ばれる

ところから物語は始まる。

それは娘を虐待死させた(疑いで起訴された)母親の

裁判だった・・・

裁判が進むにつれ、自分の子育て、出産、結婚、恋愛、

学生時代、幼少時代と記憶を遡っていく里沙子。

 

“坂の途中の家”とは、被告人の親子が住んでいた家のこと

なのだが、読み進めるうちに、

“誰もが坂の途中の家に住んでいる。一歩外へ出れば急な坂道に

足を取られて転げ落ちるかもしれないし、

信じられないくらいの上り坂に気が遠くなるほど苦しい

ときがある。”

そんなふうに思えてくる。

家族との生活は、実は不安定で怖いシーソーの上で懸命に

バランスをとりながら安定を保つ、そんなものかも

しれない。

 

心に残った里沙子のセリフ。

(中略)

私たちはだれでもない、母親でもなく妻でも、だれかの娘でもない、何も負わされることなく、ブランドものや仕事や前の恋人やほかの若い母親、そんなものに何ひとつとらわれることなく、無邪気な自信と陽気さにあふれた、まっさらな自分自身に戻って向き合えたかもしれない。

 そうやな~ そんなふうに生きるのはもう無理なんかな~

 

裁判の結審、判決公判の日で物語は終わる。

小説の中だけのこととして読み終えるには重く、

さあこれから自分はどう生きる? どう生きたい?

アンバランスなのは家じゃなく、私の心かも。

 

油絵の個展へ

関東へ向かった台風は各地に爪痕を残しました。

停電も早く回復することを祈っています。

息子の帰りのバスはギリギリ新宿バスタを出発し、

今日の朝9時には帰ってきました。

東名高速は通行止めだったので、中央道を通ったそうです。

 

暑い暑いと言いながら、昨日は油絵の個展を見に

市民ギャラリーへ行ってきました。

私が長年(20年くらい)通っているクリニックの院長先生が

高齢とご病気のため引退されることになり、

趣味の油絵の個展を初めて開催されることになったのでした。

クリニックは息子さんが引き継がれ、曜日ごとに別の先生も

来られていて、私はもう5年くらい前からその別の先生に

診てもらっています。

 

院長先生にはずいぶんお世話になり、本当に診てもらえて

ありがたかったと感謝しています。

先生の絵はいくつかクリニックの待合室にも飾られていたので、

「見たことある」絵もありました。

撮影OKだったので、私好みの絵を紹介します。

 

風景画

f:id:moricchan24:20190909151432j:plain
f:id:moricchan24:20190909151517j:plain

 

f:id:moricchan24:20190909151447j:plain
f:id:moricchan24:20190909151505j:plain

 

f:id:moricchan24:20190909151625j:plain
f:id:moricchan24:20190909151633j:plain

 

カンボジアなどの仏教寺院の仏頭をモチーフにしたもの

f:id:moricchan24:20190909151717j:plain
f:id:moricchan24:20190909151724j:plain
f:id:moricchan24:20190909151829j:plain
f:id:moricchan24:20190909151843j:plain

 

f:id:moricchan24:20190909152013j:plain

 

引退されてからも油絵の製作は続けていただきたいな。

どうぞお元気で。ありがとうございました<(_ _)>

 

お月見のミニタペストリー

9月になりました。そしてまた暑くなりました😞

いったん涼しくなってからの暑さはツラく、再びエアコンの

お世話になっています💦

今日から息子が東京の友人に会いに行きました。

ちょうど台風が首都圏を通るので明日の夜の帰阪が心配

です。影響がないといいのですが・・・

 

f:id:moricchan24:20190907131618j:plain

  (「FARM TOWN」のキットより)

 

「お月見のミニタペストリー」を作りました。

毎年、気がつくとお月見の季節が過ぎているので、今年は早めに

とりかかるぞ! と思っていました。

でも今年も気がつくと十五夜は来週の金曜日(13日)です (◎o◎)

ギリギリになってしまいました。

 

ススキの刺しゅう(アウトラインステッチ)が難しかったです。

シュッと伸びる感じやしなやかさをうまく表せず、これでも

何回かやり直しました。

お団子も真ん丸に仕上げられず・・・;つД`)

 

最近、パッチワークも伸び悩んでいます。

大体ひと通りのことはできるようになったけれど、

仕上げのきれいさや丁寧さ、もっと言えばセンスのようなものに

限界を感じます・・・

別に自分で楽しむだけで、お客さんに売ったりするわけでは

ないけれど、出来栄えに満足できない私がいる・・・

 

いかん、いかん。

小さな目標を少しずつでも達成できるように精進しなくちゃ。

 

「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」へ

昨日は蒸し暑い中、梅田に出かけてちょっと疲れてしまいました💦

今日はさらっと涼しく過ごしやすいです。

今日で8月が終わり。

あまり出かけずクーラーの効いた家の中で過ごしたせいか、

体重が2㎏増えてしまいました(T_T)

何ということ!

マシンジムには18日通ったのですが・・・

涼しくなってきたので、近所の散歩や一日がかりの

ハイキングもそろそろ再開しましょう(^^)/

 

さて、先週の木曜(22日)に大阪市立美術館で開催中の

「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」へ

行ってきました。

f:id:moricchan24:20190831140900j:plain

お山の方は葛飾北斎富嶽三十六景 凱風快晴」、

美人画喜多川歌麿「九月九日 重陽」。

 

この日はまだ暑くて・・・(;'∀')

JR天王寺駅から美術館までの“てんしば”では、氷柱の中のおもちゃを

取り出すイベントをやっていました。

こどもたちが必死で削ったりこすったりしておもちゃを狙って

いました(笑)

 

f:id:moricchan24:20190831142028j:plain

ロビーのパネル。

歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」。

猫好きに人気です💛

 

f:id:moricchan24:20190831142732j:plain

これは歌川国芳「二十四孝童子鑑 大舜」の一部。

この象の目がね~ いやなんとも。

 

アメリカ人のメアリー・エインズワースさんは、明治39年に来日してから

浮世絵の収集を始め、1500点以上をオハイオ州オーバリン大学の

アレン・メモリアル美術館に寄贈しました。

そのうちの200点が今回里帰りを果たしました👍

 

今回の展覧会では、浮世絵の歴史が作品と共に解説され

勉強になりました。

浮世絵は版画。

誕生したのは1680年代、元禄の頃と言われています。

初めは墨の一色摺りでした。「墨摺」(すみずり)と言います。

少しインパクトをと、丹という赤っぽい色を「墨摺」の上に

後から直に筆で塗りました。「丹絵」(たんえ)と言います。

丹は赤というより、オレンジ、朱に近い色でした。

次に、丹から鮮やかな紅色を塗るようになりました。

「紅絵」(べにえ)と言います。

墨に漆を混ぜた「漆絵」(うるしえ)というのも出てきます。

 

次に、版木で紅や緑の部分も摺るようになります。

2色摺り、3色摺りです。「紅摺絵」(べにすりえ)と言います。

そして浮世絵が誕生して約100年後の1764年、鈴木春信が

初めて多色摺りフルカラーの「錦絵」(にしきえ)を作った

のでした。

 

そうそう、「紅摺絵」の頃に、輪郭線のない「水絵」(みずえ)

と呼ばれるものも出ました。

ぼやーっとしていて、もやがかかったような独特の印象が

ありました。

 

いろいろな種類の浮世絵を見たあと、歌麿、豊国、北斎国芳

広重などの逸品を堪能できました。

メアリーさん、ありがとう!!

 

この日のランチは、天王寺MIOプラザ館4階「プチ グリル マルヨシ」で

シナモンコロッケを食べました。

これはちょっとくせになる味です。

また行くと思います(^^ゞ

 

「マスカレード・ホテル」読みました

台風のあと、少し涼しくなってほっとしていたら、

このところの大雨☔

九州は大変なことになっています。

離れていても油断せず、気をつけましょう✋

 

8月はほとんど遠出せず家にいたのでブログネタがなく

更新できませんでした。

手芸も気が進まず・・・いったい家で何をしていたのやら・・・

久しぶりにさくさく読み進んだ東野圭吾の「マスカレード・ホテル」に

ついて書きます。

マスカレード・ホテル

何年か前、長澤まさみ木村拓哉で映画になりましたが、

映画の方は見ていません。

文庫本の表紙が2人の特別カバーになって本屋に並んでいたことも

覚えています。

私は図書館でハードカバーを借りて読んだのですが、

主人公の2人を長澤まさみとキムタクで当て読みして

しまいました(笑)

 

ミステリーというよりは、お仕事小説に近い気がします。

ずいぶん昔「HOTEL」というドラマがありましたが、

それを思い出しました。

高級シティホテルに泊まるさまざまな人物に関わる謎。

ホテルに泊まるお客様は仮面を被っている。

テルマンはその仮面をはがしてはならない。

その中で事件の謎を解き、お客様に被害が及ばず、

犯人を特定することができるか・・・

心配ご無用。安心できる結末が待っているほうの東野圭吾です(笑)