もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「沈黙の果て」(下)を読みました

運動会日和。🌞

これくらいなら熱中症の心配も少なく、競技に集中

できますね。

私は運動音痴だったので運動会は憂鬱な一日でしたが・・・

応援だけは一生懸命やっていました(^^ゞ

 

沈黙の果て〈下〉 (創元推理文庫)

「沈黙の果て」(下)(シャルロッテ・リンク 著/

浅井晶子 訳)を読みました。

 

古い屋敷で発見された五人の惨殺死体。楽しかったはずの

休暇にいったい何が起きたのか? 夫たちを中心に

集まる彼らは、周囲からはうかがい知ることのできない

問題をそれぞれに抱えていた。夫婦間に、親子間に。

そして親密すぎるほど親密だった三人の夫たちの結びつき

には驚くべき秘密が・・・・。

 

生き残った4人のうち、一人が容疑者として逮捕された

ところで上巻は終わった。

逮捕された容疑者の無実を信じるイェシカは、

ヨークシャーからドイツに戻り、夫アレクサンダーの先妻や、

容疑者のカウンセリングをしていたセラピストに会い、

自分の知らない事情を探っていく。

 

上巻から、この物語はイェシカと、

謎の人物フィリップの二人の目線で語られるため、

私はひょっとしてこの語りに騙されているのではないかと

思ってしまった。

大丈夫。そんな意地悪なことはなかった。

 

「沈黙の果て」というタイトルは、

おそらく物語の冒頭に由来するのだろう。

スタンバりーを奇妙な沈黙が覆っていた。

まるで世界が呼吸をやめたかのような、大きな、

すべてを包み込む沈黙。

(「沈黙の果て」(上)より)

 

最後に、この前まで読んでいたピップのシリーズ

(「自由研究には向かない殺人」・

「優等生は探偵に向かない」)に登場する犬の名前と、

この物語に登場するイェシカの犬の名前が

おんなじだ。

おもしろい偶然。

欧米ではよくある名前なのだろうか~

 

「沈黙の果て」(上)を読みました

しばらく秋晴れが続いています。

湿度も低く気持ちがいいです🌞

まだちょっと夏バテが残っていて、本格的にこのいい気候を

満喫できていないのが残念・・・

まあ、ぼちぼちです(^^ゞ

 

沈黙の果て〈上〉 (創元推理文庫)

「沈黙の果て」(上)(シャルロッテ・リンク 著/

浅井晶子 訳)を読みました。

 

タイトルと雰囲気のあるカバー絵で選んだ本です。

シャルロッテ・リンクはドイツのベストセラー作家

だそうですが、初めて読みました。

 

幼なじみのアレクサンダー、レオン、ティムの

3人は、イギリス・ヨークシャーの屋敷で休暇を

過ごすのが恒例だ。

それぞれ家族を連れ、2週間近くを過ごす。

アレクサンダーの妻 イェシカ、アレクサンダーの

先妻との娘 リカルダ、

レオンの妻 パトリツィア、娘のディアーネとゾフィ、

ティムの妻 エフェリン、

と総勢9人。

 

旦那同士は幼なじみだとしても、妻や子どもたちは

全くなじみがないわけで。

こういう恒例行事はなかなか気が重いものだ。

私の父も、夫も同じようなことをよくやっていた。

父の場合は、子どもには拒否もできず参加していたが、

夫が自分の友人との集まりに私を誘う場合は、

早々に「私は行かない」と拒否した。

うまく家族ぐるみで付き合える場合もあると思うが、

夫の立場を考え、機嫌よく過ごさなければならなかったり、

気遣いをしたり、なかなか大変なのだ。

まして、年月を重ねる間に家族の状況も変わる。

離婚もあれば、不幸にして家族を亡くすこともある。

病気もするし、失業も。

決して楽しいだけでは済まないのだ。

 

ヨークシャーの屋敷、スタンバリー・ハウスでは、

殺人事件が起こってしまった。

9人のうち一度に5人が惨殺されてしまったのだ。

生き残った4人のうち、一人が容疑者として逮捕

される。

ここで上巻は終わり。

殺された5人すべてに殺意をもつ人物は見当たらない。

ひょっとして、叙述トリックか・・・

下巻に続く~~

 

ラグビーボールかぼちゃ

明日から10月だというのに、日中はまだまだ暑い💦

それでも来週半ばにはグッと気温が下がるそうだ。

秋は短いかもしれないけれど、楽しみたいものです。

 

よつばホームデリバリーで届いたかぼちゃ。

お、重いっ!

ラグビーのようにパスはできません💦

包丁で切れるかしら・・・心配・・・

 

「優等生は探偵に向かない」を読みました

夜はだいぶ涼しくなって、長袖のパジャマに替えましたが、

日中はまだまだ半袖。

もう秋のお彼岸は終わりなのに。

秋が短い予感・・・🍁

 

優等生は探偵に向かない 自由研究には向かない殺人 (創元推理文庫)

「優等生は探偵に向かない」(ホリー・ジャクソン 著/

服部京子 訳)を読みました。

(原題は“Good Girl, Bad Blood”)

 

多くのミステリーランキングで上位に入った前作

「自由研究には向かない殺人」の続編だが、

続編というより“第2幕”というべき位置づけに感じる。

主人公のピップが、前作で経験した犯罪の全貌を、

ポッドキャスト番組(Podcast:ざっくり言えば

インターネットラジオ、音声配信みたいなもの。

詳しくは検索を)で配信するところから始まり、

登場人物も共通している。

前作を読んでいないと、しょっぱなからネタバレに

なってしまうし、順番通り読むのがおすすめ。

 

前作「自由研究には向かない殺人」は5年前の失踪事件を

扱ったのに対し、今回はリアルタイムの失踪事件。

友人のコナーの兄 ジェイミーが失踪するのだ。

文庫の紹介文より ↓

高校生のピップは、友人から失踪した兄ジェイミーの

行方を捜してくれと依頼され、ポッドキャスト

調査の進捗を配信し、リスナーから手がかりを集めることに。

関係者へのインタビューやSNSも調べ、少しずつ明らかに

なっていく、失踪までのジェイミーの行動。やがて

ピップの類い稀な推理が、恐るべき真相を暴きだす。

 

リアルな事件に徐々に巻き込まれていくピップ。

日常に潜む闇と恐怖は、前作より増した感がある。

後日談を除く物語の最終盤で、私は泣いてしまった・・・

恐さにではない。 悲しさとも違う。

なんやろな~ ピップの必死さみたいなのに打たれた。

何度も何度も彼の名を呼ぶピップ。

読み終えてから数えた。14回呼んでいる。

このシーンから先は、読んでも頭に入ってこない感じで、

感情がフラットになってしまった。

 

自分の心にある“銃”に気づいたピップ。

それは、人に向けられる悪意や、正義という名の憎悪。

傷ついたピップは立ち直れるのか。

そして逃亡している容疑者(警察! しっかり!)は

捕まるのか。

来年出る第3巻(原題は“As Good As Dead” 邦題も

注目!)を楽しみに待ちたい。

 

カレーうどんとちくわ天

秋のお彼岸、図書館や買い物のついでに、

コロワ甲子園のフードコートでカレーうどん

食べました。

私はちくわの天ぷらが好きです。

このちくわと関係ありませんが、

この頃スーパーで買うちくわの穴が大きくなった気がします。

これは実質値上げか⁈

 

CDプレーヤー壊れる

また連休が台風に襲われました。

なんかこうなるんだよな~(-ω-;)

今回は近づく前の方が雨がひどいみたいです。

新しい情報を得て、あまり無理をせず、

過ぎるのを待つことにします。

 

さて、涼しくなって音楽を聴きたくなり、

CDをセットしたら、

「can not read」のメッセージ。

他のCDも試してみたが、どれも同じメッセージ。

あかん、読み取り部分がだめになったみたい。

CDを再生できるのは、もうひとつCDラジカセがあり、

それで音楽は聴けるのだが・・・

今回壊れたのはスピーカーが良く、結構気に入っていたので

がっくり_| ̄|○

 

CDラジカセやコンポは何度壊れたかー

今回ので何台目かわからないくらい。

「今の若者はCD買わんからな~

CDコンポも売れへん。売れへんからいいものを

作らない。

カセットテープよりCDの方が先になくなるかも」

と息子は言う。

 

今回壊れたプレーヤーは、iPodの再生もできたのだが、

そのiPodももう販売中止だ。

もう時代が変わったのだな~

 

昨日記事にした「自由研究には向かない殺人」に

こんなシーンが出てくる。

ピップはバーニー(註:ピップの愛犬)を下におろし、

CDプレーヤーのボタンを押した。まさに二十世紀の

遺物。ママはCDプレーヤーからタッチパネルや

ブルートゥースのスピーカーに替えようとはしない。

それはそれでしかたがない。テレビのリモコンを

操作するママの姿にさえ痛々しいものがあるのだから。

(「自由研究には向かない殺人」より)

 

はい、まさに二十世紀の遺物です・・・

今度ヨドバシかどっかで、新しいシステムを物色してみます。

やっぱりせっかくの音楽、いい音で聴きたい。

 (無料イラストより)

 

「自由研究には向かない殺人」を読みました

台風14号は、方向を変えるまでに時間がかかり、

予想よりも接近が遅れました。

暴風はちょうど夜だったので、「びゅう~~」という

風の音に怯えながら過ごしました。

恐れていた停電もなく無事通り過ぎてくれました。

でも、九州・中国・四国地方では被害も出て、いまだ

停電が復旧していないところもあります。

お見舞い申し上げます。

 

台風が去ってから涼しくなり、だいぶ体が楽になりました。

でも今だけで、また暑さが戻るそうです・・・・(-ω-;)

無理せずに過ごしたいです。

 

自由研究には向かない殺人 (創元推理文庫)

「自由研究には向かない殺人」(ホリー・ジャクソン 著/

服部京子 訳)を読みました。

 

2022年本屋大賞 翻訳小説部門第2位に選ばれた

ベストセラー本。

本猿さんのブログ記事を読んでからすぐ図書館で予約したけれど、

人気本でなかなか順番が回ってこない。

本屋さんで平積みを見るたびに、読みたい気持ちが高まり、

とうとうこの夏、続編(「優等生は探偵に向かない」)まで

出てしまった。

も~う、我慢できない!

図書館の予約はキャンセル。続編と共に購入することに。

創元推理文庫2冊は痛い(>_<))

 

期待通り、大満足の内容だった。

作者は、YA(ヤング・アダルト)向けに書いたようだが、

私のようなオバサンでも夢中になれた。

深刻になりがちな題材を、実に軽快なタッチで描いている。

あらすじは、文庫の紹介文を引用する。

 

高校生のピップは自由研究で、自分の住む町で起きた

17歳の少女の失踪事件を調べている。交際相手の

少年が彼女を殺して、自殺したとされていた。

その少年と親しかったピップは、彼が犯人だとは信じられず、

無実を証明するために、自由研究を口実に関係者に

インタビューする。

だが、身近な人物が容疑者に浮かんできて・・・

 

ピップはジャーナリストになるためケンブリッジを目指す

才女だが、

彼女の好奇心と行動力は、岡本太郎並みに爆発している。

「ちょっと大丈夫?」と声をかけたくなるほどだ。

でも、気がついたら同じように興奮している自分がいた。

(私の好奇心と行動力は10代で止まっているのだろう)

 

高校生が失踪事件の洗い直しなんて、現実味がないと

思われるかもしれないが、情報公開制度や、なんといっても

ネットの情報は侮れない。

秘密を守ることは現代の方が難しいかもしれない。

 

ピップの自由研究の作業記録を丹念に読めば、

きちんと伏線があり、仕掛けが施されている。

あっと驚く真相も、後から思えば納得でき、

あっぱれというしかない。

 

ミステリーとして楽しめ、もちろんLOVE面もほんのり💛

内容についてはネタバレを避ける意味でもこのへんで。

ひとつだけ。

舞台となるイギリスの小さな町、リトル・キルトンに

暮らすピップの家族の様子がいい。

みんなでお茶を飲んだり、ビデオを見たり。

年の離れた弟のジョシュはかわいいし。

それぞれが自立しながら繋がっている。

辛くて受け入れがたい現実も、正面から受け止めなければ

未来は開かれないのだと教えてもらえる。

 

続編「優等生は探偵に向かない」を続けて読みます(^^)/