もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「むらさきのスカートの女」を読みました

今日は比較的暖かいです。ずっと寒さが続いたのでほっとします。

ちょうど立春🌸 もうすぐ梅も咲き始めるでしょう。

春が待ち遠しいです💗

 

むらさきのスカートの女 (朝日文庫)

「むらさきのスカートの女」(今村夏子 著)を読みました。

2019年芥川賞受賞作です。

今村夏子氏の作品は「星の子」に続き2作目。

「星の子」の記事は ↓

moricchan24.hatenablog.com

 

不気味な話だった。

“むらさきのスカートの女”への「わたし」のこだわりが尋常じゃない。

語り手である「わたし」は、近所で見かける“むらさきのスカートの女”と友達になる機会をうかがっている。

つまり、何が言いたいのかというと、わたしはもうずいぶん長いこと、むらさきのスカートの女と友達になりたいと思っている。

(「むらさきのスカートの女」より)

 

“むらさきのスカートの女”の名前はしばらくして明らかにされるが、その後も主人公は“むらさきのスカートの女”と呼び続ける。

“むらさきのスカートの女”と11文字で綴られた女は、その文字と共に読者の脳内に相当なスペースを占めていく。

たんたんとした文体が冷静さを通り越して、不気味さを感じさせる。

「わたし」は“むらさきのスカートの女”の中に何を見たのだろう。何を求めていたのだろう。友達になってどうしたかったのだろう。

 

昨年、ニット(セーターやカーディガン)をだいぶ処分した。

毎年着ていてもなかなか捨てるほどには痛まず、あまり好きでもないのに着ていたものも多かった。

似合う色も年とともに変わっていく。衝動買いをせず、似合うもの、好きなものを選んで着たいと思う。

むらさきは難しい色で、洋服も持ったことがない。

そして、もう何十年もスカートを着ていない。(はいていない)

こんな私の脳内にも“むらさきのスカートの女”が侵略し始めている・・・

 

「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」を読みました

今週はちょっとお疲れモード💦

まだまだ寒い日は続きそうだし、またモノの値段が上がるし⤴

気分は下降気味⤵

ぼちぼち元気を取り戻したいです。

 

完訳 ファーブル昆虫記 第5巻 上

「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」(ジャン=アンリ・ファーブル 著/奥本大三郎 訳)を読みました。

 

久しぶりに戻ってきました。ファーブル昆虫記に。

過去記事、「第1巻上」と「第4巻下」だけ貼っておきます。

    ↓

moricchan24.hatenablog.com

moricchan24.hatenablog.com

 

4巻の下まではずっとハチについてで、さすがにちょっと休憩を入れたくなり、滞っていました。

年もあらたまり、続きを読むことにしました。

 

今巻で取り上げるのは、糞虫(ふんちゅう)です。

第1巻上にも出てきたフンコロガシもその仲間で、糞球を丸めて転がすタイプ(タマオシコガネ)と転がさないで巣の中で丸めるタイプ(ダイコクコガネ)がいます。

私は、図鑑や映像以外で糞虫を見たことがありません。

(おことわり:記事の中で“糞”を連発します。すみません<(_ _)>

ファーブルさんも読者に理解を求めています。 ↓ )

真理は何物も汚すことのできぬ高みにあって超然としているのである。だから読者は糞虫の物語のなかの、どうしても避けられない、ある種の事実を大目に見てくれることであろう。いままで述べてきたこと、そしてこれから述べることについてお許し願いたい。

(「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」“1 スカラベの糞球”より)

 

糞虫は、草食動物、牛や馬、羊などの糞を利用するので、牧場などに生息しているようです。

成虫も幼虫も糞を食物とし、

  1. 糞に巣くうもの
  2. 糞の下に穴を掘って糞を中に取り込むもの
  3. 糞を球状にして運び土中に蓄えるもの

などのタイプがいる。

3のタイプがいわゆるフンコロガシだが、土中の巣に糞球を入れ、きれいな洋ナシ型に固め、首の部分に卵を隠し産む。孵化した幼虫は梨球を食べ進み、空洞になった梨球の中で蛹になる。秋になって雨が降ると梨球が柔らかくなり、羽化した成虫が土から外へ出てくる。

幼虫も糞を食べるとは知らなかった。

草食動物の糞は、栄養分に富むそうだ。

雨が降ると羽化するというのも興味深い。

古代エジプトで、糞虫のスカラベが死や再生を司る聖なる虫として神格化されていたが、それもナイル川の氾濫時、大量に地中から羽化してきたスカラベと無関係ではないと思う。

 

表紙の糞虫は、イスパニアダイコクコガネと言い、タイプは2。

地中の巣の中でのみ、糞球を作る。

複数の糞球を作り、なんと幼虫が羽化するまで母虫が糞球のお守りをするのだ。

ほとんどの昆虫は、自分の子どもをその目で見ることはない。

その場を離れるか死んでしまうか。

ファーブルさんと同様、私も感動した。

 

われわれの学問は、われわれの所有する研究方法のひ弱さに比較すればきわめて壮大なものであるが、一方、果てしのない未知の世界を前にするときは実に貧弱なものでしかない。この学問は、絶対的な現実について、何を知っているというのか。何も知らないのだ。われわれはただ、自分たちの考え出す物の見方によってのみ、この世界に興味をもつのである。そうした物の見方なり概念なりが消え去ってしまうと、すべては空しいものとなり、混沌となり、虚無となる。事実の集積だけでは学問ではない。(略)それに思想と、理性の光とを加えなければならない。その意味を解き明かさなければならないのである。

(「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」“2 スカラベの梨球”より)

 

ファーブルさんの昆虫への愛はもちろん健在。

見かけはごく平穏なその住まいの中、そして幼虫に完璧な安全性を保障しているかのような球形の殻の中でも、幼虫にはやはり幼虫の苦労があるのだ。

(「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」“4 スカラベの幼虫”より)

 

昆虫はその仕事と調和のとれた、きわめて鋭敏な感覚をもっている。その能力は、われわれ人間には、それに似たものが何もないので、どういうものなのか想像すらできないものである。(略)疑問が限りなく湧いてくるけれど、それに答えることはできないのだ。

(「完訳 ファーブル昆虫記 第5巻上」“7 イスパニアダイコクコガネ”より)

 

次巻 第5巻下では、糞虫の続きとセミとカマキリを取り上げるようだ。

新しい昆虫は楽しみ!

 (無料イラストより)

 

「湖畔荘」(下)を読みました

湖畔荘 下 (創元推理文庫)

「湖畔荘」(下)(ケイト・モートン 著/青木純子 訳)を読みました。

 

下巻は一気に読めました。

どんな小説も、登場人物や設定が頭に入るとするする読めるということがあります。

<湖畔荘>から行方不明になった赤ちゃんのセオ。

今(70年後)になっても見つからないのは、既に殺されていたのでは。

そして<湖畔荘>の近くに埋められているのでは。

そう考えるセイディ刑事は、<湖畔荘>の現在の持ち主であるアリスに許可を取り、<湖畔荘>に乗り込むのだった。

 

謎だったパーツが少しずつ組み合わさり、ひとつの絵になっていく様は読んでいて心地いい。

悲劇の原因は、二度の戦争だとはっきり言える。

たとえ戦争で死なずに生き延びても、その人に刻み付けられた傷や悲しみが消えることはない。それどころか、新たな悲劇を生むこともある。

そんな辛い描写も多かったが、だから余計にラストの衝撃は強かった。

くうっ! そう来たか! と思わずうなる。

できすぎのハッピーエンド。

いいです、いいです。こうでないと。

未来に希望がもてる、そんな小説はやはりいい。

 

モートンの小説、もう少し続けて読んでみます。(^^)/

 

米寿のお祝い

寒さが続いています。

ガス代は気になるものの、暖かい飲み物や食べ物で体の中からあたたまらないと、冷えてしまいます・・・

 

昨日、私の両親の米寿祝を実家近くの割烹料理屋で行いました。

両親は同い年なので二人とも米寿を迎えることになりました。

75歳で金婚式のお祝いをしたときは、大阪のお店の予約やプレゼントの旅行券など、弟と分担して子ども側で開催しました。

今回は、父親が近くのお店をもう2年近く前に予約し、料金もこちらで払うから遠いけど来てほしいと言われました。

弟とも何度も料金はこちらで出すから、と言ってもまったく聞かず、こっちでいろいろ考えているからと言うばかり。

仕方なく弟と相談して、両親へのプレゼント(洋服)をそれぞれ分担して用意することにしました。

 

当日、父は「今回は無事夫婦で米寿を迎えられた感謝と、生前葬を兼ねました」と冒頭あいさつをしました。

なるほど、そういうことかと思いました。

私と弟、それぞれの連れ合い、孫3人が、金婚式のとき以来 顔を揃えました。

お酒で顔が赤くなる前に、何枚か写真を撮り、それからはお料理を味わい、話に花を咲かせました。

ミニ懐石で、下は「八寸」の写真。↓

鶴の入れ物には、松前漬けが入っていました。

 

コロナでこの3年はあまり実家へ行く機会をもてず、気がかりで残念でしたがどうしようもなく、辛かったです。

今年は収まってくれたらいいのにと思います。

両親ともに、年々友人・知人が亡くなり、年賀状が少なくなりさびしいと言います。

周りに迷惑(だと自分でそう思うこと)をかけるのを極端に嫌い、私たち子どもにも、人に迷惑をかけないようにとずううっと言われてきました。

私は子ども時代はそれほどなかったのですが、大人になってから周りに迷惑をかけることが増えました。もちろん、本人にはそんなつもりはありません。でも結果的に迷惑になること、心配をかけることは非常に怒られました。「恥や」とか「恥ずかしい」とまで言われたこともあります。

以前、母との確執について書いたことがありますが、父とも考え方が違い言い争いになったことが数多くあります。

でも、人の考え方を変えることはできません。

いくら親でも、そういう意味で自分(の考え)を理解してもらうことは難しいのです。

私は今では、もう開き直り、私は私、迷惑かけないように気をつけるけど、結果的にそうなったらごめんなさいやわ、と思っています。

 

しかし、その親も年をとり、人に迷惑をかけてしまうことが予想できるようになったのだと思います。

もういいのに、と私は思ってしまいます。

そこまで完璧な人生にしなくてもいいのに、と。

でも、それはその人の人生、その人が決めること。

それで当人がいいなら、何も言わないことにしています。

 

もう生前葬までやってしまったと思っているので、このあとがっくり_| ̄|○くるんじゃないかと心配です。まあ、それも含めて認めるしかありません。

 

お互い迷惑かけてかけられて、心配しあうのがいいのに、と思う私は甘いのでしょうね。(笑)

 

「湖畔荘」(上)を読みました

今週の寒波には参りました⛄

大雪の被害も報道されていますね。まだしばらく寒さと雪が続くようです。

光熱費の高騰に目玉飛び出るくらいですが、暖かく過ごせるよう工夫したいと思います。

(いや~それにしても今月のガス代にはびっくりしたわ👀)

今日はこちらもみぞれや細かい雪が降っています。

みなさまも十分ご自愛ください。

 

湖畔荘 上 (創元推理文庫)

「湖畔荘」(上)(ケイト・モートン 著/青木純子 訳)を読みました。

 

<湖畔荘>は、イギリス・コーンウォール地方の森の中の湖畔に建つお屋敷。

1933年、この湖畔荘で催されたミッドサマー・パーティーの最中、生後1歳の男児が姿を消した。事故か誘拐か、懸命に捜索・捜査が行われるが、男児は見つからないまま事件は迷宮入りする。

それから70年後の2003年、ロンドン警視庁の女性刑事 セイディは捜査中に問題を起こし謹慎の処分を受け、祖父の暮らすコーンウォールで休暇を過ごすことに。

そこで偶然、荒れ果てた<湖畔荘>を発見、70年前に起きた事件を知るのだった。

 

ストーリーは、1933年では<湖畔荘>の住人アリス、2003年では刑事セイディ、この二人の視点で進んでいく。時代を行きつ戻りつしながら、徐々に真相に迫る構成は見事で、上下巻の長さも気にならない。

二つの時代の前後には二度の大戦があり、<湖畔荘>はその変化の時代と変化に巻き込まれた家族をずっと見つめてきたと言える。

上巻で印象に残るのは、湖畔荘とその周りの湖や森の描写だ。

海外の物語の舞台となるお屋敷は、それ自体が意志をもち、登場人物を操っているような気さえする。そこに住む人々のお屋敷に対する愛憎が積もっていくのだろうか。

 

下巻では、70年前に起きた男児行方不明事件の真相とともに、アリスやセイディが抱える秘密も明らかになるのだと思う。

 

ひとつ、すとんと腑に落ちたことがある。

母と娘の確執。

アリスとその母エリナとの間にはぎこちなさが漂っているが、エリナとその母(アリスの祖母)コンスタンスとの間にも同じような気配があるのだ。

エリナとアリスは実は内面がとてもよく似た少女だったことがわかる。

“同じ”ということは必ずしも共感と愛を呼ぶとは限らないのだ。

同じだからこそ嫌う、憎むこともある。

エリナはアリスに自分の少女時代を見ていたのではと思う。

私も母とは本当にうまくいかないのだが、そういうものかもしれないと思ったのだ。

あまりくよくよせず、そんなものかもと思う余裕も必要だなとふと思った。

では、いざ下巻へ。(^^)/

 

「魔術師を探せ!」を読みました

明日からやって来そうです、寒波⛄

明日火曜日は通院の日なので、ちょっと心配。

雪やみぞれだと足元がすべるかもしれないし、この年ですべって転ぶと大変です。とにかく気をつけないと。

 

魔術師を探せ! 〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

「魔術師を探せ!」(ランドル・ギャレット 著/公手成幸 訳)を読みました。

今作で、ハヤカワミステリ文庫<このミステリがヤバい!>フェアの対象本、コンプリートです。

阿津川辰海氏の帯コメントが以下の通り。

平行世界の英国、魔術による捜査、不可解な犯罪。とくと見よ。魔術の世界に、かくも鮮やかに推理は息づくー

 

作者のギャレットはSF作家でもあり、この作品の世界も独特。

1960~70年代のヨーロッパだが、“英仏帝国”という架空の国が治めているという設定で、新大陸は見つかっているが、産業革命は起こっていない妙な世界。

貴族がお城に暮らし、電灯ではなくランプ、自動車ではなく馬車が走り、科学技術よりも魔術が発達したとされている。

 

そんな世界で事件の捜査にあたるのは、国王の命を受けた捜査官ダーシー卿と上級魔術師のショーン。

今まで読んだことのない設定で初めはなじめなかったが、慣れてくると気にならなくなった。

原題に“The Eyes Have It and Other Stories”とある通り、

の3作を収録する中篇集。

ミステリとして十分おもしろかったが、何よりも奇抜な設定に驚かされた。

解説で、山口雅也氏が

これを日本史で仮想すれば、織田信長本能寺の変を生き延び、見事天下を統一、その後東アジアにまたがる版図拡大も成し遂げ、一大東亜帝国を築いたーというような大胆な発想の世界観ということになる。

と評しているのを読み、この作品の空想世界を理解できた気がする。

 

まだしばらく海外作品が続きそう。

 

「過ちの雨が止む」を読みました

過ちの雨が止む (創元推理文庫 Mエ 6-3)

「過ちの雨が止む」(アレン・エスケンス 著/務台夏子 訳)を読みました。

「償いの雪が降る」の続編になります。

moricchan24.hatenablog.com

原題は“The Shadows We Hide”で、こちらもかなり意訳されていますね。

 

前作から5年後、主人公のジョー・タルバートは大学卒業後 通信社の記者になっている。パートナーのライラはロースクールを終え、司法試験を控えて猛勉強中。

母の元からひきとった弟のジェレミーは軽作業の仕事を始め、3人の同居生活は続いていた。

そんなジョーに、仕事では自ら書いた記事が原因で訴えられ、プライベートではいまだ会ったことのない父親(かもしれない人物)の死を知らされるというアクシデントが襲う。ジョーは、仕事の行く末を案じながら、その人物の死の真相と実像を追うのだった。

 

前作に続き、とてもおもしろかった。

やや安易に思えるハッピーエンドだった前作だったが、この5年間の紆余曲折も描かれ、とても順調ではなかったことがわかる。

アルコールと薬物の依存症だった母親から、自閉症の特性がある弟ジェレミーを引き取り後見人となったこと。

そのため母親とは絶縁したこと。

法律家を目指すライラが落ち着くまで、プロポーズはお預けなこと。

ジェレミーの仕事がなかなかうまくいかないこと。

これらのひとつひとつに葛藤があり、決断を下したあとも後悔と苦悶がある。

納得はしていても、心の底では「こんなはずではなかったのに」という恨みや妬みがある。

そんなジョーの心の弱さも描かれ、より好感が持てる。

 

過ちを犯したジョーに、ライラが泣きながらかける言葉が刺さった。

「わたしはあなたがいい人間でいてくれれば、それで充分だった。求めていたのは、それだけよ。あなたはスーパーマンにならなくても私を幸せにできる。ただ、真っ当な人でいてくれるだけでよかったの。なのにあなたにはそれができなかった」

(「過ちの雨が止む」より)

 

真っ当に生きることは結構難しい。大人になればなおのこと。

間違いなく言えるのは、ジョーにもライラにもジェレミーにもまだまだ時間がたっぷりあるということだ。

雨が止めば次は晴れる。彼らの新たなこれからに期待したい。

 

前作でちょっと悪いイメージだった大家さんのテリー・ブレマーさん。

意外にいい人だった。

このシリーズ、この先はまだ出ていない。ストーリーを覚えているうちに出てくれればいいのだが・・・