もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「国宝 下 花道篇」を読みました

東北の地震はびっくりしました。

私自身はもう布団に入っていて、本を読んでいました。

息子が「大丈夫?」と声をかけてきて、「何が?」と答えたくらい

全く気づきませんでした。

うちは高層階なので、小さい地震でも結構揺れるのです。

旦那さんも息子も地震に気づいたというから、遠くても大きい地震だった

ことがわかりました。

東日本大震災から来月で10年。改めて備蓄品のチェック、室内の

安全対策を確認したいと思います。

 

国宝(下) 花道篇

「国宝 下 花道篇」(吉田修一 著)を読みました。

「上 青春篇」の記事の最後で書いた徳次という人物について書きます。

徳次は、主人公の喜久雄と兄弟の盃をかわしたチンピラで、

長崎から喜久雄と一緒に大阪に出てきて、常に喜久雄のそばにいて

彼を支える「よかあ男」です。

徳次がいなければ、喜久雄の輝かしい歌舞伎役者の姿はなかった

でしょう。

この小説の登場人物では、私のイチ押しです!

 

華やかな世界に描かれた3人の死の場面が印象的です。

一人目は、喜久雄の父、立花権五郎が雪の中で最後を迎えるシーン。

二人目は、喜久雄の師匠、二代目花井半二郎が家を出て行った

息子の名を呼びながら亡くなるシーン。

三人目は、喜久雄の生涯のライバルであり友であり兄弟であり

最大の理解者であった、俊介の死を喜久雄が知り、

その中で「道成寺」を舞うシーン。

上下巻を読み通す途中で、この3つの場面は何度も読み返しました。

じーんとしたり、心が震えたり。

 

ラストは、芸術を極めた姿のひとつを提示したのでは

と思いました。

いいものを観させていただきました。いや読ませていただきました。

ありがとうございました。<(_ _)>