もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

「永遠の詩」を読みました

 台風10号は沖縄・奄美方面に近づき、そろそろ九州南部が暴風圏内に。

午前中に自転車を自宅まで運びました。

夜にはベランダのものを中に入れる予定です。

この辺りはそれほど暴風ではないかもしれないけれど、

何が起こるかはわからないし。

勢力を比較して、昭和36年第二室戸台風の様子がよくテレビで流れて

いますが、子どもの頃、この第二室戸台風がとても怖かったと

両親からたびたび聞きました。 

用心しすぎということはないでしょう。充分気をつけよう(^^)/ 

 

f:id:moricchan24:20200906130018j:plain

 「永遠の詩(とわのうた)」(香月夕花(かつきゆか) 著)を読みました。

香月作品は「水に立つ人」に続いて2冊目。

今回は長編です。

 

高校を卒業した元基(もとき)は、家を出て友人・知人の家やネットカフェを

転々とした後、ガラス工芸作家の雨宮誠二の工房に住み込みで

働くことになる。

元基が家を出る原因となった出来事や、雨宮誠二の過去が次第に

明らかになっていく。

真ん中へんで突然予想外のことが起こり、びっくりしたが、 

テーマとしてはうーん、恋愛かな~、愛と憎しみ、ドロドロの人間模様。

 

ドラマなんかにはなりやすい題材だと思うけれど、

あまり好きではない分野だ。

たぶん自分が年を取って、面白みを感じなくなってしまったのかも。

ちょっと涙💧

 

「永遠の詩」は古いレコードの曲名からきている。

元基くんは二十歳にも満たない年で、信じられない人生経験をしたことに

なるけれど、この先もガラス工芸職人の道を歩んでいってほしいな

と思いました。