もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

9月も終わり

今日で9月も終わり。
今年の夏を思い返すと、暑かったときはいっときで、残暑らしい残暑は
そうなかった気がする。


ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)


9月はこの2冊を読んでいた。
ちょうど2年前に単行本が出て、今年9、10、11月に2冊ずつ文庫化されている。
来年春に映画化されるそうで、それも話題だ。

宮部みゆきの現代物を読むのは久しぶりで、それも全6巻なので長丁場。
模倣犯」以来のワクワク感がある。
映画のキャストを知ってから読み始めたので、具体的なイメージを抱いてしまったが
特に違和感はなかった。

次の第Ⅱ部「決意」の上下巻がもう出ていて、10月はこれにかかりきりかな。

タイトルのソロモンは、旧約聖書に登場するイスラエル王ソロモンのことで、
神から知恵を授けられ人を裁くことを許された人物。
第Ⅰ部は、クリスマス未明、ひとりの男子生徒が中学校で転落死する事件の
概要と、その事件に巻き込まれていく教師、生徒、関係者を描いているため、
重く、圧迫感も強い。
第Ⅱ部に入ると登場する生徒が一気に増え、ちょっと萌えそうなキャラも
いて、少し軽い雰囲気になっている。

夜寝る前に寝転んで本を読むので、首と肩を痛めてしまった。
「読書台、買ったら?」と旦那さんが言うけれど、布団に寝転んで
ゴロゴロしながらする読書には代えられない。
でも、年齢的にキツくなってきたようだ。悲しい・・・