もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

ピアノガイズ

ポップ・ミーツ・クラシカル(初回生産限定盤)(DVD付)

ポップ・ミーツ・クラシカル(初回生産限定盤)(DVD付)

新しいCDを聞いています。
CD紹介を見て、何となく面白そうだなと思っただけなので
聞いてみるまで全くピアノガイズについて知らなかった。

音楽ユニット ピアノ・ガイズは、ピアニストのジョン、チェリスト
スティーヴン、映像クリエーターのポール、音楽プロデューサーのアル、
の4人組。
YouTubeでの映像と音楽がFacebookを通じて広まり、世界中にファンがいるという。

「Pop Meets Classical」のタイトル通り、ポップス、映画音楽、クラシックを
自在に融合し独自の世界を作りあげている。
え、こんなんありか、と思われる方もいるだろう。
まずは先入観なく聞いてほしいなと思う。

1曲目は今年話題になった「アナ雪」の主題歌「レット・イット・ゴー」。
これには、ヴィヴァルディの「四季」より「冬」がミックスされている。

2曲目の「ロッケルベルのカノン」は、有名なパッフェルベルの「カノン」を
軽いロック調にアレンジ。
この曲は大学2年のとき、ギターアンサンブルで弾いた思い出の曲。
このときの同期生は「今でもカノンを聞くと涙が出る」と話すが、
それは、この曲の胸をしめつける切なさと、練習を積んでもうまく弾けなかった
苦い思い出との両方があるのだと思う。

音楽の懐は深く大きく、その可能性はどこまでも無限だ。


というわけで(?)、27日の深夜「生さだ」が神戸であります。
「六甲 結構 コケコッコー」だったっけ (間違ってたらごめんなさい)?!
楽しみ、楽しみ・・・