もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

花〜も嵐も〜

花桃実桃 (中公文庫)

「小さいおうち」の中島京子さん著。

抱腹絶倒という笑いではないが、2ページに1回はクスッと笑え
たまにガハハ〜と笑えるユーモア満載の小説である。

43歳独身の花村茜さん。
勤めていた会社をリストラされ、父の死後相続したアパートの住み込み大家に
なることになった。(住み込みがここんとこ続いてるな・・・)
ひと階に3部屋、3階建ての9部屋にはまあ〜へんてこりんな人たちが
住んでいる。
ベランダからはお寺と墓が見渡され(!)、ときどき猫も部屋にやってくる。
他にも墓につきもののモノたちが現れ、茜さんは大家としててんてこまい。

しょっちゅう笑いながら読んでいるものだから、
たまにくる「お涙」が効く。

酒も人生も、馬鹿みたいに甘くはないのだから。

花桃実桃というカクテルは、甘いのかしょっぱいのか苦いのか・・・
私も味わってみたいと思った。