もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

梅雨入り

今週次々と梅雨入りし、あとは東北北部を残すだけになりました。
近所のお庭のアジサイも咲き始めました。

梅雨入りする前の真夏のような暑さがこたえたようで、
ちょっと体調がよろしくありません・・・
だるくて、作業の効率が悪く、何をやってもあまり進まず。
ぼーっとしていることが多いです。
こんなとき、比較的できるのは読書で、ぼーっといろんな本を眺めたり、めくったり
ときどき寝たり、寝ながら読んだり、また寝たり、とほとんど生産性のない生活をしています(笑)

雨にちなんで。

レインレイン・ボウ (集英社文庫)

「牧知寿子が死んだ、と聞かされたとき、渡辺美久はちょうど蕎麦を茹でているところだった。」
という書き出しがぞくっとする。
25歳になった女性たちが通夜の席で再会し、個々の生き方を見つめていくお話。


雨の塔 (集英社文庫)

宮木あや子だから気をつけなくっちゃ、と気合いを入れて読んだが、
やっぱりハードなお話。
全寮制の女子大で暮らす訳アリのお嬢様たち。
表紙のかわいらしさに隠された残酷な展開に震える。


塔つながり。

新装版 波の塔 (上) (文春文庫)

新装版 波の塔 (下) (文春文庫)

松本清張の「恋愛小説」と聞き、読むことにしましたが、もちろん推理小説の部分もあって、
読ませます。


虹果て村の秘密 (講談社文庫)

ずっと図書館のYA(ヤングアダルト)コーナーにあり、狙っていた作品。
YAコーナーには、大人には近づけない、大人を寄せつけない固い透明ボードのようなものが
あって、児童書コーナーのように気軽に借りられなかった。
でも、読みたい本がたくさんあり、オバサンの憧れだった。
文庫で見つけて、「やたっ!」

YA作品には、「さあこの本はこんなに面白いよ。読んでごらん」という作者のサービス精神が
感じられてうれしい。

本と戯れる間に、だんだん元気になれればいいなと思っています。