もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

ファンタジーな3冊

今日は、朝から雨が降っています。
マンションの桜もだいぶ蕾がふくらんで、先のピンク色が目立つように
なってきました。

さて、昨日購入した文庫本を紹介します。
どれもファンタジーっぽい内容です。

ゆずゆずり (中公文庫)

表紙の絵も作者の東直子(ひがしなおこ)さんが描かれています。
かわいい鳩笛みたい。
マンションの一室で同居するイチ、サツキ、ナナ、シワス。
生まれ月にちなんで呼ばれている。


水の時計 (角川文庫)

ハルチカシリーズで知られる初野晴(はつのせい)さんの
第22回横溝正史ミステリ大賞受賞作。
脳死と診断されながら、月夜に限り言葉を話すことができる
少女のお話。


キップをなくして (角川文庫)

難しいお話が多いので、あんまり読まない池澤夏樹
これは、改札を出ようとしてキップがないことに気づいた少年、
イタルの物語。

丸善ジュンク堂の帰り、スタンダードブックストアにも
寄り、シュールなブックカバーをゲットしました。

スタンダードブックストアでは、いつも本以外のものを買って
しまいます。
そして、お向かいのジェラードのお店で、ラムレーズンと抹茶ミルクの
ジェラードを食べるのがお気に入りです(笑)