もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

まぐだら屋のマリア

多忙のため、しばらくブログをほったらかしにしていました。
もーりもりの木はしおれてなかったので、ほっとしています。

まぐだら屋のマリア

原田マハさん、初読です。
題名と「人生の終わりの地でやり直す勇気を得る。」という帯文で
購入した。

西洋の絵画(宗教画)のモチーフとしてもよく使われる
マグダラのマリア」。
新約聖書の中の福音書に登場する、イエスに従った女性。
キリストの磔刑と埋葬、そして復活を見届けた証人と言われる一方、
美貌と富ゆえに快楽に溺れ、のちにイエスに出会い、悔悛したという
伝説もある。

タイトルの「まぐだら屋」は小さい食堂なのだが、
店名の由来は「マグダラのマリア」と全く関係がない。
(この由来もなかなかおもしろいのだが)
この食堂を切り盛りする「マリア」と呼ばれる女性の名前も
「まりあ」ではない。
でも絶対連想させるし、作者ももちろん意識してそうしている。

他にも聖書を連想させる名前を持つ人物が登場する。
丸弧(まるこ)、与羽(よはね)。

それは読者が勝手に連想するだけで、あくまでも舞台は日本のどこか
北の果てにある小さい食堂「まぐだら屋」である。

ぼろぼろになった人の再生の話は最近多い。
そのきっかけのひとつが「食べること」だという主張。
「まぐだら屋」で出されるあったかな定食と
主人公がラストシーンでバスの中から見るまぶしい春の光を
私も見たいと思った。