もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

久しぶりに本屋へ

パッチワークの雑誌の発売日だったので、久しぶりに本屋さんへ行った。

「パッチワーク通信」と「趣味の園芸」を手に、今日はこれだけにする、と
強い気持ちでレジに向かったが、無駄な抵抗だった。

でも、今日は3冊にとどめたのでえらかった。


麒麟の翼 (講談社文庫)

映画をテレビで2回見て、お気に入りの話。文庫化を待っていた。
加賀恭一郎シリーズは、数ある東野圭吾の作品の中でも好きなシリーズ。

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)

これも待っていた文庫。
「四季」で有名な作曲家ヴィヴァルディは、孤児院「ピエタ慈善院」で
娘たちに音楽を教えていた・・・
ドキドキする設定。
「きのう、ヴィヴァルディ先生が亡くなったと、アンナ・マリーアが泣きながらわたしのところへ来た」で物語は始まる。

チーズと塩と豆と (集英社文庫)

おいしそうなタイトル。
4人の直木賞作家がヨーロッパを舞台に編んだアンソロジー。
角田光代「神様の庭」…舞台はスペイン・バスク
井上荒野「理由」…イタリア・ピエモンテ
森絵都「ブレノワール」…フランス・ブルターニュ
江國香織アレンテージョ」…ポルトガルアレンテージョ
さてどんな料理が登場するのか。


とうとう冬季オリンピックも明日で終わり。
若者もベテランもがんばったな。新しい競技も増えて楽しかった。
オリンピックが終わると、マー君のメジャーデビュー、選抜高校野球
そしていよいよサッカーW杯。
今年は楽しみ、楽しみ。