もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

ボストン美術館 日本美術の至宝

しばらく更新できなかったので、ちょこちょこ小出し
することにします。

先週の火曜日(16日)、天王寺大阪市立美術館へ行って
きました。

この美術館の面構えが結構好きです。

高校生のとき仏像にハマり、
大学生のときは西洋美術にハマり、
おととしから日本美術にハマっています。
どれも全然知識はないけれど、見るのが好きで
旅行に行っても地元の美術館によく行きました。

年をとったせいか、日本の絵の方が落ち着くように
なりました。
そのきっかけが、おととしの
歌川国芳展」でした。
前期・後期に分かれていて、展示品も入れ替わるのですが
前期に行ってあまりにすごかったので、
後期も訪れ、ぶっとい図録も購入したのでした。

去年はあまり美術館に行けなかったけれど、
今年はちょこちょこ行きたいな。

さて、今回の目玉は
曽我蕭白の「雲龍図」。
(3つ目の写真の絵)
すごい迫力。

美術館のお隣に動物園があるのですが、
ちょっと「鳥インフル」が心配で、そのまま
公園をあとにしました。

動物園らしい花壇。

向こうに通天閣が見えます。

この日は夏のような日差しで、みんな日傘をさして
いたのに、急に寒くなったのよね〜