もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

梅田へお出かけ&2月25日のごはん

丸善ジュンク堂へ行ってきました。

ここはカートとカゴがあるのでうれしい!

今日の収穫です。1つ目

新刊を中心に4冊。
「ビブリア〜」の4巻。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

取り上げられていたのは何と全部「乱歩」でした。
びっくり!
「孤島の鬼」「少年探偵団」
最後の「押し絵と旅する男」は最近買って読んだばかりなので
2度びっくり!

江戸川乱歩全集 第5巻 押絵と旅する男 (光文社文庫)


「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」は文庫待ちでした。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)

マドレーヌ夫人はアカトラの猫です。
表紙もいいですねーー猫好きとしてはたまりません・・


収穫2つ目。

1つ目と合わせて12冊。重かったよ。半分に減らすのが辛かった・・

「おすすめ文庫王国」で気になったものを。


辻村深月、初めてです。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

帰りの電車で読みましたが、面白そう!


田辺聖子サン(なぜかサンをつけてしまう)も買うのは初めて。

どんぐりのリボン (講談社文庫)

読み始めたら止まりませんワ。ほんで涙がたらーっと。うまいなあ・・


下の2つは科学関係。

フィンチの嘴―ガラパゴスで起きている種の変貌 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

フィンチというのは鳥の種類で、割とプックリしたくちばしを持つ鳥、
と思う。わが愛する文鳥もフィンチ。
確か食べ物によってくちばしが違うはずなんだよね。
この本は、ガラパゴス諸島でフィンチの観察を続けたご夫妻のお話。


丸善ジュンク堂の近く「Nu+」では北欧の家具展が開かれていて、
こんな置き物がありました。

牛?角があるね。バッファロー

正面はこちら。

北欧だからね。
顔はちょっと怖いけれど、色合いは好き。


近くにはMBSも。
らいよんくんとぷいぷいくん。

明日は実家へ行ってきます。
両親ともに風邪を引いたのでお見舞いです。
阪神のデパ地下で「ブッセの詰め合わせ」も買いました。

奈良は寒いだろうな〜

あ、ごはん忘れた。

朝:トースト、カフェオレ、チーズ
昼:かやくごはん定食(かやくごはん、ミニうどん、漬物、おひたし)
家族亭にて
夜:カレーライス、トマト