もりっちゃんのゆるブログ

はてなダイアリーから移行してきました。「徒然草」からバージョンアップならぬゆるゆるなブログを目指します。一日を大切にするために、楽しいこともしんどいことも綴っていきます。よろしくお願いします。

悲しみの鳩笛

最近陶芸教室でオカリナや鳩笛が流行っているので、
作ってみたくなりました。
オカリナは難しいので、鳩笛にすることにしました。
先生も「鳩笛は大丈夫。絶対鳴ります」と言われたので。

左右対称の石膏の型に土を入れて、真ん中を削ります。
厚さは5ミリくらい。削れたら土を型から抜き、
土部(どべ)で左右をくっつけて、しっぽの先から吹く穴を
あけたら「ポー」となるはず。

「シュー」としか音がしない。
「あとは微調整です」と先生は言われるけど・・

頭の部分も削ったので、埋めたほうがいいかもと
頭を切り落とす手術を決行。
頭の空洞に再度土を詰め、また土部でくっつける。

吹く。
「シュー」

今度はしっぽを切り落とし、穴を確かめる。
再度土部でくっつける。
何度も吹いてみる。口の周りが土で真っ白になり、
口の中はジョリジョリする。

みんな「鳴るまで帰らない」と待ってくれたのですが。
でも鳴らない。
みんなが帰ってから6時半までがんばっったけど
ダメなので先生に預けて帰ってきました。

鳩の置物にするしかないかも。
せめてかわいく絵付けをしよう・・(涙)