もりっちゃんのゆるブログ

楽しく、でも真面目に。 そんなブログを書いています。

美術

ボローニャ国際絵本原画展

3連休の最終日、病院で抜糸したあとその足で西宮市大谷記念美術館へ 「2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を見に行きました。 会期の最終日だったのですが、この原画展はいつ行っても人気で 混んでいます。 毎年恒例の展示会で、私が大学生の頃には…

きのこ展へ

昨日、長居公園内にある大阪市立自然史博物館へ 「特別展 きのこ!キノコ!木の子! ~きのこから 眺める自然と暮らし~」を見に行きました。 ここへは恐竜に関する展示を2回見にきましたが、 植物に関する展示は初めてです。 きのこは食べるのは好きですが…

フランス宮廷の磁器 セーブル展へ

今日も厳しい暑さになっています。 扇風機を出さないと。 6月22日(金)、大阪市立東洋陶磁美術館へ 「特別展 フランス宮廷の磁器 セーブル、創造の300年」 を見に行ってきました。 作品の撮影可だったのでたくさん撮ってきました。 紹介します(^^)/ セー…

I love KEN-SAN

今年は5月になってほとんど半袖の服を着ていますが 今日はちょっと半袖では寒いですね⛄ コンビニ店員の息子が「制服が半袖になったので (下に何を着るか)どうしよう」と言っていました。 先日、母と一緒に西宮市大谷記念美術館へ 「追悼特別展 高倉健」を…

「特別展 江戸の戯画」へ

4月24日(火)に大阪市立美術館へ「特別展 江戸の戯画 ~鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」を見に行きました。 去年から楽しみにしていて、前・後期で展示品が入れ替わる ため前売り券を2枚用意していました。 前期は、大好きな国芳の金魚づくしシリーズの…

「特別展 恐竜の卵」へ

おととい大阪市立自然史博物館(長居公園内)へ 「特別展 恐竜の卵~恐竜誕生に秘められた謎~」を 見に行きました。 私には珍しい自然科学系の展示。 「君、恐竜に興味あったん?」と旦那さんにも言われましたが、 その通り。まったく関心のない分野でした…

「特別展 唐代胡人俑」へ

先週の少し暖かい日に大阪市立東洋陶磁美術館へ 「特別展 唐代胡人俑」を見に行ってきました。 この美術館はお気に入りで年に何回も行きます。 胡人俑(こじんよう)って何か全然知りませんでしたが、 面白そうな人物像のようなのでふらっと 出かけました。 …

ボストン美術館の至宝展へ

今日は神戸市立博物館へ「ボストン美術館の至宝展」を 見に行ってきました。 ちょっと汗ばむくらいの暖かい日でした。 ボストン美術館は日本の美術作品が多く所蔵されている ことで有名ですが、 今回は古代エジプト美術、中国美術、日本美術、 フランス絵画…

北斎展へ

しばらく間があいてしまいました。 11月1日、あべのハルカス美術館の「展覧会 北斎ー富士を超えてー」を観に 行きました。 もうびっくり(゚д゚)!の混み具合でした。 地下のエレベーターを待っているときから嫌な予感がありました。 ドアの横に「展覧会は非…

芦屋で美術鑑賞「広重展」

昨日見に行った「広重展」。 今年は浮世絵師歌川広重の生誕220年にあたるそうで、 有名な東海道五拾三次を中心に広重の風景版画を集めて展示していました。 (「東海道五拾三次」44 四日市 三重川) 一番知られている「東海道五拾三次」は「保栄堂版」と言わ…

芦屋で秋みつけ

10月ももうじき半ば。 芦屋の美術館へ行くのに合わせて、小さい秋を見つけてみようと出かけましたが・・・ このところの季節外れの暑さが今日も続き、 秋はいったいどこに行っちゃったのやら。 暑かった~~ 目的の「広重展」(芦屋市立美術博物館で開催中)…

加山又造展へ

長らく更新をごぶさたしていました。 秋のお彼岸を迎え、ようやく落ち着いてブログが書ける季節になりました。 本当に暑く台風も来てしんどい夏でしたが、何とか無事に過ごしています。 ほとんど出かけなかったのに手芸も読書も進まず、いったい何をしていた…

「特別展 ヘレンド」へ

近畿地方では猛暑日が続いています。息をすると熱風が入ってきて むせてしまいました・・・ 昨日は大阪の東洋陶磁美術館へ「ハンガリーの名窯 ヘレンド」を 見に行ってきました。 ヘレンドはハンガリー南西部にある磁器の窯元です。 その歴史は1826年から始…

ギリシャ展のおみやげ

東京などでは春一番が吹いたようですが、近畿地方はまだ。 でも気温が高くもあ〜っとした雨の一日でしたね。 昨日の記事で予告した「ギリシャ展」のおみやげ。分厚い図録に、絵はがき2枚とプラしおり。 旦那さんには付箋をあげたのですが、写真を撮ろうと探…

古代ギリシャ展へ

今日は少し気温が上がり過ごしやすかったですね。 元息子の部屋(あれっ。元息子じゃないよ。元「息子の部屋」よ)の片付けを始め、 お風呂場のカビ取りもしました。 なんか大掃除を再度やっているみたい・・・ 昨日、神戸市立博物館へ「特別展 古代ギリシャ…

パリのお菓子屋さん

今回の塗り絵のテーマは「パリのお菓子屋さん」です。フランスの伝統菓子がケーキ屋さんのショーウインドウに並んでいます。 上段はベリーを挟んだマカロンと、ミルフィーユ。 中段の左はパリ=ブレストというシュークリーム、右は大小のシュークリームを重…

セーヌ川のペニッシュ

お正月の自由時間は、テレビや読書のほか、刺しゅうにパッチワーク、パズルと こたつで座ってすることばかり(笑) 塗り絵も同じ。セーヌ川はパリの中心を流れる大きな川。遊覧船や運搬船がいくつも行き交います。 また「ペニッシュ」といわれる、住居として…

パリの散歩道

さむ〜い! また寒くなりました。 全然大掃除をする気になれない・・・(ただの言い訳) パリを旅する塗り絵の「パリの散歩道」です。 この塗り絵は、フランスのデザイナー、アンヌ・ソイエ=フルネルさんのデザインです。見本を真似て塗ったもの ↓ ちょっと…

パリの花屋さん

もあ〜っと暖かい変な一日でした。 風が強く、新潟では広域の火災が発生しました。(今の時点でもまだ消火できず) インフルエンザやノロウイルスも猛威を振るっているし、気をつけないことが多いですね。 今日はマスク(60枚入り)を買いました。 パリを旅…

パリのレストラン

今日は少し暖かくなりました。 ほっ。 塗り絵の新シリーズです。(「七十二候」はいずこへ?)「パリを旅する塗り絵」のパリのレストラン。 見本が付いていて、これはそれを真似て塗った夜の風景。同じ図柄が3枚あるので、 このレストランの昼の風景を想像…

七十二候 閉塞く冬と成る

今日は寒い! この冬初めてこたつを入れました。七十二候の塗り絵、6枚めです。【大雪/初候】閉塞く冬と成る (そらさむくふゆとなる) 新暦12月7日〜11日頃 厚く垂れこめた雲に空が閉ざされ、日の光もぼんやりとしか届きません。 シベリア寒気団がやって…

七十二候 橘始めて黄なり

風ぴゅーぴゅーの寒い一日でした。 だんだん師走らしくなってきましたね。今日の塗り絵はおミカン。【小雪/末候】橘始めて黄なり (たちばなはじめてきなり) 新暦 12月2日〜6日頃 橘の実がだんだん黄色くなってくる頃。 冬でもあおあおとした常緑樹で、鮮…

七十二候 朔風葉を払う

12月になりました。いつもの年よりずいぶん寒い気がします。 今まで暖冬だったからそんな気がするだけかな。 冬は苦手なんだけど、病気に気をつけて楽しく笑顔で過ごせたらと思います。 七十二候の塗り絵、5日おきの更新は忙しいです(^^ゞ【小雪/次候】朔…

七十二候 虹蔵れて見えず

そろそろ紅葉も終盤でしょうか。 街路樹のイチョウはかなり散ってきました。 でも、終わりは始まりでもあります。見えないところでもう次の季節に向けて動き出しているでしょう。 ちょっと遅れましたが、「七十二候」の塗り絵です。【小雪/初候】虹蔵れて見…

七十二候 金盞香し

いいお天気と聞いていたのに、たまに雨が降ったりしてすっきりしませんね。 靄がかかり見通しも悪いです。自転車や自動車は気をつけましょう。 【立冬/末候】金盞香し (きんせんこうばし) 新暦 11月17日〜21日頃 水仙の花が咲き、かぐわしい香りが漂う頃…

七十二候 地始めて凍る

大人の塗り絵がしばらく前からブームです。 いろんな塗り絵本が平台に積まれ、パラパラ見るだけでもきれいですね。最近「日本の七十二候ぬりえ」(東邦出版)を買いました。 おもしろい試みだと思って。〇七十二候について もともと中国で考案された季節を表…

「広重ビビッド」のおみやげ

寒い! と思わず叫んでしまいそうです。 今までが暑すぎたのでこの気温差はつらい・・・ 気温差が大きいとアレルギー体質の私は、気温に慣れるまでいろいろ不調が出る。 今はじんましんがひどい。 気にするとよけいかゆいので、できるだけ気をそらすようにし…

広重コレクションをされた原安三郎さん

台風はだいぶ弱まってきましたが、それでも風と雨は強いです。 被害がないといいのですが。昨日記事にした「広重ビビッド」の展示品をコレクションしたのは、原安三郎(はらやすさぶろう)と いう人です。 (ウィキペディアより)私は不勉強で今回初めて知り…

「広重ビビッド」へ

台風が来る前にと思って、昨日大阪高島屋へ「原安三郎コレクション 広重ビビッド」を 見に行ってきました。 広重は歌川広重で、「東海道五拾三次」がとても有名ですが、 今回は「六十余州名所図会」と「名所江戸百景」が中心の展示でした。 「六十余州名所図…

大妖怪展

あべのハルカス美術館で9月10日(土)から11月6日(日)まで開催中の 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」を先日見に行きました。今更言うまでもありませんが、妖怪好き(?)の私です。 ゲゲゲの鬼太郎から京極夏彦の京極堂シリーズ、歌川国芳の描…